Twitter Facebook Myspace Soundcloud

Music Archive

07/19/2017 "「めざせポケモンマスター」の事など"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2017年7月19日 21:59
  • -poke | Music
m_mezacd.jpg



OHA OHA アニキ、で「めざせポケモンマスター」のデモ音源が流れた。



サビが違う」、、と、巷の声。



取材そのものは、戸田さんと一緒に約1時間以上されたけど
放映されたのは、数分だったと思うんですよ。

テレビなので、限られた時間の中
シンプルに1つのデモが流れた。
多分、メロがサックスっぽい音でわかりやすかった為
このデモが使われたと思う?違うか?


番組的には、それほど詳しく伝える必要はないと
思うし、あれで良かったとは思ってますけれど
いい機会なので当時のことを少し詳しく書いておこうか、と
作曲した側からの制作裏話を少し、



まず、ポケモンのアニメが始まって20年が経ち
今年は「めざせポケモンマスター」が再録音され映画で
届けられることとても光栄に思っています。


1996年、イシハラ(現TPC)さんから、アニメのOP、EDの
話を頂いてからデモを作りました。
当時のボーナスを録音機材に、も本当です。
歌を録音したかったので、当時、FOSTEXの8trのマルチトラックレコーダー
を中心に、いろいろ揃えた。



その時、大きく分けて3パターンの方向性の全く違うデモを作った。


Type A 歪んだギターメインのミディアム調ロック
    キャラが子供向けだと思ったのであえて少し大人路線。

Type B    ちょっとポップで可愛い方向、
     自分的に子供向けを意識した曲。

Type C    これが「めざせ、、」の原型なんだけど
    自分が音楽を好きだ、と自覚しだした頃を思い出し、
    その要因となった音楽的要素を足し算していく
    というようなコンセプトの元、作曲に取り掛かった。


mezademo.jpg



で、「言えるかな?」もOP候補だったというのはちょっと言い過ぎで
その原型のType Bにはちゃんとしたメロディが付いててサビも
しっかりあった。

(ネタ:この時のサビは「いっぱいサマー」/2004のサビの部分に亡霊のように存在してる。)

けれど、戸田さんが、ポケモンの名前だけでできた曲、というような案を
出してきたので、このType B のメロを取っ払い、オケを簡素化し
とりあえず、ポケモン名を連呼できるようなオケにして、OP候補ということ
ではなく、単にデモとして保留にしてた。個人的には、OP候補という意識は
全くなかった。


で、「めざせ」に至るデモType Cは完全なサビ違いを2つ作った。


そのうちの一つが、今回流れたデモ、、で、その後、戸田さんと
歌詞のやり取りをしながら、最終的なデモC12が完成し。
それを当時の音楽プロデューサーに渡り、編曲、録音されることになる。


番組で流れたデモ曲の「サビが違う」と放映後の反応ですが
それもそのはず、一番最後まで直しまくったのが

  いつもいつでも うまくいゆくなんて

からの8小節

まさに切羽詰まった締め切りの1日前の朝、
「閃いた!」というような感覚のもと
当時のMacの前に座ってデモを直したのを覚えてる。


あと、


3パターン作っためざせのデモのType A とB は実際自分で歌ったデモ
を制作したのだけれど、Type C は曲を構成してるブロック毎に、
よりノリを良く、とか覚えやすく、とか、より気持ちよく、という風に
どんどん変更していったが故に、いつも松本梨香さんがインタビューで
答えてるように「音域がとても広く、とても歌うのが難しい曲」とい
のも、とてもよくわかる。

けれど、それでも支持されてきてるのは当然、サトシ役、松本梨香さんの
歌唱によることが大きいけれど、曲の構成がうまく歌詞と
マッチし、小さいけれど曲の進行、起伏の中にドラマを感じられ
最後のサビに至るまで、テレビアニメ「ポケットモンスター」の
音楽そのものに仕上がったのではない、、か、と個人的には思ってる。

あぁ、あと編曲チェルさんによる生演奏のオケの良さとか、出だし
イントロの強さ、とかいろんな要因も当然重なってますけど。




曲ができたのは「偶然」ではあるけれど
当時の自分のこと考えると、




恐ろしいほど「気負う」というような気持ちはなかったし
他のアニメの音楽などを聴いてみるとか、そんなこともなく
自分が感じ、思ったままをノビノビと、
与えられたお題にしっかり対応すべく、
ポケモンの音楽制作に向かった、、


TVアニメのOP EDを担当する、ということが
どういうことか、全く自覚してなかった、気がする。




なんか、そういう姿勢が良かったんだ、と思う。(多分)




一番はじめの写真は
めざせポケモンマスターCD発売前に関係者に配られた
サンプルCDです。











07/15/2017 "うた録り@世田谷"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2017年7月15日 20:53
  • -studio | Music
m_071317.jpg

あぁ、ここ1週間ぐらい?
めちゃ暑いで、東京。


うた録音した。


知り合いの方が関わってるゲームのキャラクラ
にまつわる歌です。



半年以上前に作った曲なんですが、
やっとこさの録音。



オケも、コツコツ、土日の夜
手弾き&打ち込み


女性ボーカルです。


自分の中では珍しく
静かな曲
最近、ライブの音源ばかりいじってたので
個人的には、ちょい新鮮。


ダンス系の曲が好きな反面
女性の歌もの、、昔から結構好きで
色々集めてる、というか
聴きあさってる。



そのうちアナウンスします。





07/10/2017 "東高円寺"

d_071017-1.jpg

ちょっと前、6月の終わりなんですが、
東高円寺のライブハウスへ

いやぁ、初めて降りた駅なんですが、
道中こんな渋い、お店があったりで、

ホント最近、外で飲む、ということを
しなくなった。

で、肝心のライブの模様は
結局、写メっておらず、、

こんな風、

d_071017-2.jpg

全部を見たわけではないけれど
弾き語り、も良かったし、

友人のライブ(bjons)も、
良かったす、

なんか懐かしい気持ちになった

最近、自分のライブが、クラブっぽい場所で
割とカチッと時間決められ、次々と
進んで行く、風なのに対し



お客さんも、いい感じで
リラックスして、、るし


昔は、こういう場所で、
ダラダラと過ごす時間が多くて
終わっても飲みに行く、とか




ま、60歳はそれなりの年相応の場所を
選ばないといけないのかも、、ですけれども





07/06/2017 "1957@Little Richard"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2017年7月 6日 22:00
  • -vinyl | Music
m_littlerichard.jpg

東京、めちゃ暑さ増してきた、

通勤の朝、夕、最寄りの駅までの徒歩がほんま疲れる。


で、

いきなり!

Little Richard !

現在、84歳!
2013年には引退しましたが、、



なぜ?か?


僕自身、ロックンロールハマったわけでもない。


きっかけは
ただただ、このレコードが
僕の生まれた1957年に出たものだ。ってこと。

50年代に生まれた音楽とかファッションなどを
フィフティーズなどと呼び、そう言うファンの方々
たくさんおられますけども



彼のパフォーマンスとか声に出会うと
いやぁ、毎回スゴイ!と感じる。
ジャンルとか時代超えてる、
ん〜、なんか人の本質みたいもんを、うっかり
感じてしまう、って言う風に思うことがあって


ビートルズが、ストーンズが、ジミヘンが
当時!彼の音楽、パフォーマンス見て、聞いて
ぶっ飛んだのが、よくわかる。



07/02/2017 "試写会@ポケモン映画"

d_070217.jpg

東京、めちゃくちゃ暑かったです。


毎年恒例、ポケモン映画、小学館連合試写会に行ってきた。

この試写会の連絡くる、、と
「あぁ、今年も夏かぁ、」
と。

冒頭、監督&ゲスト声優さんたちの舞台挨拶がある。
今年は、特にラフな感じで、個人的にはオモロかった。

これから公開される映画なので感想はなし。

けれど、

もっとロケット団が活躍してもいいのになぁ、、
もっと中身に絡んで欲しいなぁ、、と

毎年、映画のエンディングのスタッフロール見るたびに
そう感じる。











06/25/2017 "Studio@Hatsudai"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2017年6月25日 20:03
  • -studio | Music
m_kmken1.jpg

m_kmken2.jpg

久しぶり、マスタリングの作業に立ち会う。

歌ものではなくインスト。

インストのマスタリングに立ち会うのは初めてかもなぁ。

毎度のことだけと、絶対音階ならぬ、絶対音質というか
音質に対する基準が自分の中にありそうでなく、
大きな音と小さな音なら、大きな音
低域を効かせたら、より効かせた音
という風に、感覚は強いほうになびきがち

聴感上は明るくきらびやかでも、
音に籠もってるエネルギーは別だしね
カセットテープでもいい音楽はいい音楽に聞こえるし

、などなどと言ったようなことが多々あり
自分は昔からマスタリングに立ち会うのは苦手。


なので、最初の「エンジニアさんの選択」はとても大事かも
というか、ほぼ、その時点で決まるのかも、決まってるかも。
あとその方との「相性」
これはなににつけても言えてますけれど


今回は、とてもいい経験になった。




05/08/2017 "Arto Lindsay"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2017年5月 9日 20:08
  • -etc | Music
m_arto.jpg

Arto Lindsay 

もともとはギタリスト?
ん〜彼のことを簡単に話すのは難しいんだけど、

ギターと言っても普通に弾くわけでなく
ま簡単にいうと「騒音」とか「ノイズ」なんですよ
音的には、

時に「グィ〜ン!ギャーン!」って大音量で
時に「キリキリ、カリ、カ、カ、」というようなか細い音とか

でそんなプレイが普通の音楽とアンサンブルをなすわけで

1990年代、初めて彼のプレイを見たときは
「なんじゃこれは?」って感じでした。


で、生き物、野性的な生き物に見えた
音と彼が一体になって


ホント、そんな衝撃を受けたことをはっきり覚えてる。


いろんな作品出してて
すべてがそういうノイズな音楽ではなく
彼が3歳から20歳前まで過ごしたブラジルでの生活が
大きく音楽に影響してる。


とても好きなミュージシャンのひとり。


04/30/2017 "not 無事終了"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2017年4月30日 20:57
  • -live | Music
m_not42817-1.jpg

m_not42817-2.jpg

代官山 UNITのイベント終了。

深夜にもかかわらず来てくださったみなさん
ホントありがとうございました!!
( 自分のライブじゃないですけどね、w)


DE DEくんのレコハツのライブは見てないけれど
その勢いの流れで始まったイベント
僕がついたときにはDATSがライブやってた。
いや、かっこよかったです。
最近の20代前半のバンドホントいいなぁって思う。

そのあと、9nineの佐武宇綺さんのDJ
ま、どこでやっても同じこと言われてると思うんだけど
結構オトコっぽい、えっ、ソコっていうような
オトコのコっぽい選曲の連続。(選曲にオトコオンナってないとは思うが、)
でもミニスカートでアイドルって感じで、
終演後も少し話できたけれど
DJやって約2年ぐらいらしい、、それはすごい!

でその後は Pa's Lam System
アゲアゲで元気いっぱい、、です。
DE DEくんが、「いいでしょ!」って
評してたように、確かにDE DEくんの音楽のもってる
あるテンションの高さの持続し続けるニュアンス
近いものがあると感じた。



でまぁ、そのあとはワタクシ、Chip Tanaka です。
前のパフォーマンスからするとグっといつ落ち着いたスタートで
淡々と、ですかね、予定してた通り。
一応、Pa's Lam Systemの音的情報は予習済みで
きっとメチャテンション高めで流れ込んでくるだろう、、前提で
最初のトラック構成決めた。

会場が見えなかったのでどんな反応だったか心配ではありますが

それなりに、いろいろ声はかかってたので、
なんとかでしょうか?

で、反応鈍くてすみません、もうちょっと明るく対応
すべきでした。


その後 DE DEくん 
quarta330 くんみて
帰った。


出演前の真鍋大度さんとも一瞬、話せましたw
その昔、横井軍平さんを語るイベントで一緒になったことがあり
そんな話を、DJも見たかったですが、
さすがに4時すぎてたので、、


個人的には、毎回、課題が残るけれど
やっぱ生で他の出演者からもらうエネルギーが
こういうイベントの醍醐味、

今回は特に
D.A.N.のライブでも感じたように
DATSさんのライブ
一貫した音に対する拘り、これが僕たちだよん、
というような姿勢感じて、かっこよかったです。

全体を貫く、少し翳りをもった、ダウナーな響き
音のマを大切にしたリズムの強さ、ノリの継続性みたいなやつ
シンセの音質への拘り、とか
まさに、自分達のイマ!って感じで。


イマ、自分の音は
「客観性のミルフィーユ」を撒き散らすって感じになってるけども
最近、もうちょっと落ち着いた音もやりたいな、と思ってたところ
だったので、メチャ刺激受けたで。

バンドっていいすね。


あぁ、もちろんDE DEさんのライブもどこかで見たい!




04/28/2017 "not 4月28日 23:00 スタート"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2017年4月28日 20:02
  • -live | Music
m_not04282017.jpg

m_not04282017.jpg

今日の、、夜中、、です〜。

ホントいろんなアーティスト出るので
きっと楽しいですよ、



04/26/2017 "No Title"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2017年4月26日 20:08
  • -vinyl | Music
m_nirvanar.jpg

なんどもなんども、Blogで登場してきた「NIRVANA」
この写真、以前もつかったかなぁ?

僕は世代的には少し上なんだけども

いや、シンプルに好きってことです。


最近、彼らに影響与えたという
PIXIES なんかも引っ張り出して聴いたりしてる。

映画「ファイトクラブ」のエンディングの、
ビルが崩壊するシーンが好き。
その時流れるのがPIXIES

そのシーンもなんかNIRVANAにも通じるものがある。

よくわからない話してますが、
「かっこいい」って思ってしまう気持ちの元はなんなんだろ?


fightclub-1.jpg




Index of all entries

Search
Feeds

Page Top