Twitter Facebook Myspace Soundcloud

2009年10月 Archive

10/31/2009 ハマらざるを得ない未知な魅力

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年10月31日 12:35
  • -vinyl | Music
comunia.jpg

ブラジル音楽です。

内容は まぁ、、可もなく不可もなく平凡なポップス集
しかし、たま〜に、良い曲混ざってる

なにはともあれ問題はジャケット!!

ブラジル音楽というと、なにかと日本ではクラブで流れる、カフェで流れる
オシャレBGM、そしてもろ、ボサノバ、、と、何かと若者目線で捉えられ
がちではあるけども、、

そういう事も含め、歴史、風土、自分たちからもっとも遠い土地の音楽と
いったふうに、ブラジルの音楽にはとても興味ある。

時間あれば、もっと踏み込みたい領域なんだけど。

10/30/2009 The Alphabet E.P./Po!

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年10月30日 21:16
  • -vinyl | Music
popo.jpg

1990年代、世の流れに沿ってインディーズなギターポップ、ネオアコ
いろいろ聞いてきたけれど、この「Po!」というバンド知らなかった。
女の子のボーカルで、とても無垢で素朴。

最近 たまたま買った7inch/1997

こういうギター系のロックに関して言うと、けっしてうまくはないけれど
まっすぐに、素直に、楽器に向かい全体の雰囲気、まとまりを大事にしてる
バンドが好き。たどたどしいくらいがいい、、というか唄と演奏のバランス
なんだと思うけれど、要は 「熟れてる」というのがだめ、という事。

自分の好きなこういうマイナーなギターバンドに共通して
いえる事は何か、、というと

二度と再現できないような空気が音楽から漂ってる。
痛いような儚さが音の隙間から漏れてるような、、

もっと他の曲聞きたいけれど、、なかなかアルバムが見つからない、、

10/25/2009 スタジオ@桜新町

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年10月25日 23:18
  • -studio | Music
田園都市線、桜新町下車 徒歩約15分
246沿いにあるスタジオに午後入り

休日の住宅地特有の静けさ、まったり感

先日の音源に関して
自分で納得てきない部分が多く
音の差し替え、追加含め、、再度トラックダウン

mdd1.jpg

自分で自分、激写!

mdd3.jpg

mdd5.jpg

ん〜、どうでしょう??

10/24/2009 中川翔子 超貪欲まつり in 日本武道館 

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年10月24日 22:31
  • Daily Life
syoc1.jpg

syoc2.jpg

syoc3.jpg

syoc4.jpg

syoc5.jpg

バッカルコ〜ン!!

ショコタンin武道館 超貪欲じゃなく超貧欲祭り、、これ誤植らしい。

めちゃくちゃ楽しい

いつもそうだけれど、ファンのみんな、愛がいっぱい!
こんないいファンにいつも囲まれてショコタンうれしいだろうなぁ。

「ギザミミピチュー」もしっかり演ってくれた、アリガト!

観にきた人にしかわからないけれど、武道館を真似て

「ブド、ド、ド、ド、ド、、」

これ気に入った。

いつも大合唱になる「空色デイズ」良い曲。
演奏がなくても歌える唄、鼻歌で歌って伝わる唄は素晴らしい

いつもコンサートの帰りに身体に残る。

(けれど、ほんとは、こういうの、いつもちょっと悔しい気持ち、、、

10/18/2009 It is as well to know which way the wind blows.

kao_00.jpg













kao_002.jpg

Now I feel relieved.

shidd1.jpg

10/16/2009 同姓同名歌レコーディング!!

htc1.jpg

htc2.jpg

htc3.jpg

htc4.jpg

ひょんなことから、、こんな事に。
11名の同姓同名が一同に集まりボーカル録り

どうなる事かと、、心配してたけれど
いや、、これが、ちゃんと歌えてる
ちょっとビックリ!!

今後の展開は このWeb siteでまた報告します。

ht_l1.jpg

ht_l2.jpg

10/14/2009 ARNO/white ass european cowboy

arno1.jpg

arno2.jpg

arno3.jpg

ベルギーのARNO?!という人のアーティスト・ブック

彼の影響を受けたアーティストのLPレコードをブックサイズに切り取り
本になってる。
全34ページ。


「オモロー!」と思って買ったけれど、今となっては、なんとも言えない本。
1ページ毎にページめくったところで、、、あぁ、、そう、って感じ。

いつ?どこで?買ったのか?覚えてない。

で、意外に重くどっしりした本。


10/12/2009 No title@Bunkyo City

biri.jpg

10/11/2009 Let it Come Down@James Iha

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年10月11日 16:04
  • -vinyl | Music
jih1.jpg

1998年に発売された元スマパンのギタリスト、ジェームズ・イハ
ソロ・アルバム。

忘れた頃になにげに聞く、自分の中で休日の定番BGMアルバム。

流れがいいだよなぁ、ほんとに。

フル通しで聞いても全く飽きず、うまい具合にどこかのサビだとか
イントロだとか、ジンワリ盛り上がったり、また落ち着いたり、、と
要は、全体に全然「力み」がないというか。
 とても落ち着く。
しかも、始めから終わりまで、いい曲揃いなんだよなぁ、これが。
適度にロックっぽく、フォークっぽくもあり、印象はSSWなアルバム。

この不思議なリラックス感をかもしだしてる大きな要因は、、

言わずもがな、、
1993年ぐらいから始まった「スマッシング・パンプキンズ」の嵐のような
大成功からの流れがあったから、でしょうたぶん。

「作曲」ってがんばったからっていい曲かけるわけでなく
本人がコントロールできない環境の変化みたいな事から受ける、
感情の起伏、変化みたいなことが、音楽制作に大きく影響を与える。

これ 不思議なんだけど、、たとえば
大げんかした後とか感情が猛烈に高ぶったあとに
なにげに弾いたピアノには、不思議なくらい癒しなオーラが
でてたりするし。


kih2.jpg

で、解散しちゃいましたが「スマパン」。
1993年に出たシングル「Todday」が大好きで。

jih3.jpg
iha4.jpg

この曲が流行った頃、、

たぶん我が息子、4〜5歳の頃だったと思うけれど
何度聞いた事か、、この曲
きっと彼は、この曲かなり記憶に残ってるでしょう?!
そんな話しないけれど、、

10/10/2009 COLETTE EXPRESS From PARIS

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年10月10日 10:45
  • -vinyl | Music
colett.jpg

去年のCDですが、

パリのCOLETTEというセレクトショップからでたコンピレーション。
「COLETTE」って有名なお店らしいけれど、
僕はそんなセレクトショップ当然知りません。

おフランスということでKITSUNEとかED BANGER などのレーベル
のもつエレクトロな印象をもっていたけれど
このコンピレーション、相当、幅広くて個人的には相当気に入ってる。
もっとこういうの出てほしい。
当然、エレクトロな曲もあり、電子系ロック?とかはたまた中華風
アジアンテイストな曲とか、、、いろいろな「無名性的寄せ鍋」感が
なかなかナイス!!

クラブで受けるような音楽の質って、やっぱそのトレンドに強く影響され
音楽を発信する側も、流通も一時期振り切ってしまうことが多い。
特に日本って狭くて人が多いぶん(多分)他の国よりもより加速度もって
強くいろんな情報が伝わると思うんだよねぇ、、
で、各個人もより強くその情報を受けてしまう。
そういう特性の良いところもあるけれど、逆に 趣味が緩やかにバラけ
ないというか、幅広くグラデーションが出来にくい、、というか、、
で、結果、「弱い」とか「詳しくない」といういうような特性をもった人が
排除されがち、というか、弱いが故に遠慮がちになるし、、というか

ん〜、、、、、、、、、、

このまま続けて書いていくと、、何言ってたんだか、わからなくなるので
たぶん、、、

ま、

こういう80年代的ディスコ、ポップ、電子系、ロック、エレクトロ、などを
通過し、チョイ緩めのコンピーレーション、ミックスCDが出てほしい、と。
もっともっと知りたい、、と いうことです。




この連休は部屋の掃除&整理整頓に明け暮れます、たぶん。

10/09/2009 Three straight holidays start.

dra00.jpg

10/08/2009 Axl Rose@Guns N'Roses

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年10月 8日 07:38
  • -etc | Music
aku.jpgaku.jpgaku.jpgaku.jpgaku.jpg
sura7.jpgsura7.jpgsura7.jpgsura7.jpgsura7.jpg
aku9.jpgaku9.jpgaku9.jpgaku9.jpgaku9.jpg

最近、ガンズ・アンド・ローゼス が年末、来日するという事で数多くラジオから
流れてくる。

俗にいうヘビメタというジャンル、あまり入り込まなかった。
特にアメリカンロックでマッチョ、ギターを中心とした長髪系バンドはね、、駄目。
けれど、このガンズだけは、ちょいと別目線で見てた。
その後のメタリカ、パンテラな流れで、、スラッシュ・メタル系という一派には
少し興味あったです。

ガンズの場合、サウンド、曲というより、人なのかなぁ、、
「ルックス」とか「動き」、、その「スタイル」というか、、。

特にこのアクセル・ローズは その声も好きだし、彼のステージング、パフォーマンス
なんか身体をくねくねと横の動きがね、、滑らかで、、色気のある感じが
それまでの ハードロック、ヘビメタ系のボーカリストにはなかった動きに魅力感じる。

あとギターのスラッシュ、ベースのダフもルックスとか動き とても好きです。
彼らの、その存在というか、、。
単純に「かっこいい」、、と。このかっこよさ、、日本人には到底無理、というか

まったく連続性なし、「かえる」「原油先物取引」ぐらい違う。

クラブシーンを中心とした打ち込みダンス系音楽、DJの領域はまったく段差
感じないけれど、、やっぱ、、こういうステージを中心としたロックな分野は
永遠に平行線なのかなぁ、、やっぱし、、。

アルバムを追って聞いてたわけではないけれど、、今でもファーストの
Paradise CityとかSweet Child o'Mineはけっこう好きかも。
めちゃ、普通のロックファン感覚で好き。

今回の来日メンバー、、結局、アクセル一人なんやね、、


10/05/2009 Harvest Moon@Cassandra Wilson

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年10月 5日 21:00
  • -vinyl | Music

cassa.jpg



満月で思い出した!
それはカサンドラ・ウィルソンが歌ったハーベスト・ムーン。
原曲はニール・ヤング
このバージョンがホント好きだった。

この1995年に出たCassandra Wilson「New Moon Daughter」
もう、、ほんと震える。個人的には怖いぐらい好きなアルバム。
こういうのなんて表現すればいいんだろ??
このアルバム、ニール・ヤング他、U2だとかハンク・ウィリアムスの曲だとか
ブルースのサンハウス、モンキーズ、超スタンダードなムーン・リバーだとか

たぶん恋愛に関した歌詞の曲が集めてあるのでは?!
この選曲、カサンドラ自身が選んだのか?プロデューサーの意向なのか
わからないけれど、うならせられる。そして曲の流れがとてもいいし。
バックもウッドベース、ギター、バンジョーなど、、とても押さえた激渋な演奏で彼女の
歌の深みをいっそう深くしてる。

実はピアノの音がどこにもないわけで、、あぁ、、なるほど、と

彼女の声が、感情に、いや、脳に直接響いてくる印象なのはこのピアノレスのせい

ハンク・ウィリアムスの有名曲「I'm so lonesome I could cry」ほんと泣きそうな
くらい美しい。

まさに秋って感じで虫の声から静かに始まる、、この「Harvest Moon」!染み入る。

その声は「絶望」に追い込まれたような、そんな場所から歌ってるような印象を持つけれど
ジワ〜、、とホントに優しく力強いエネルギーをもらえる、、、プリミティブ!!

でも個性、アク強いから、、駄目な人は駄目かも。

10/04/2009 Yesterday the moon was full.

fmon.jpg

10/03/2009 Today, cloudy weather sky.

poo0.jpg

poo1.jpg

10/02/2009 I have a secret longing for DJ!!

dj03.jpg

最初に言っておくと、これ僕の偏見なんだけれど、、

え〜1980年代ディスコ時代のDJというと、なんとなく「うさんくさ」がつきまとってた
というか、なんかダサいなぁ、というイメージ持ってたし、あと1990年代、Acid Jazz
Rare Grooveだ!という時代もね、ま、なんか「お高くとまってるなぁ」と。
で、そういう場所に集まってる人達の「スタイリッシュさ」がね、ちょっと鼻につく感じして
ちょい敬遠してた。
ま、実際の人達じゃなくメディアの演出、伝え方に対してという事だったんだと思うけど。

あとレコードバブル期というか、レア盤、レコード争奪戦、レコード自慢合戦みたいな
風潮にも競争体質ゼロの自分はぜんぜん馴染めなかったし、

あと、脈々と続いてるハウスとかテクノの流れ。凄く好きではあるけども、なんか、
その特定のジャンルだけに足つっこむ事ができず、興味はあったけれど、
DJという行為に近づけなかった。

で!ここ数年ですよ、テクノもハウスもロックも、まぁソウルも、民族音楽も、関係なく、、
結局、裾野がばぁ〜と広がって、電子音でも生楽器でも、打ち込みでも生演奏でも
レコードもありだし、CDもあり、PC、エフェクター持ち込みもあり、、と
言った風潮になってから、、俄然、興味が湧いてきて自分専用のDJテーブル、身長に
合わせ、
家具製作所 trente_huit308 の浦辻さんに特注で作ってもらった。

昔ココには音楽制作用の音源がバ〜ンと陣取ってたんですが、
相当数処分して
今こんな風(写真上)

dj02.jpg


テーブルの板は「古材」を使用した。
プレーヤーとか置いてしまうと、見えないけども
素朴な質感は お気に入り!!


しかし、やればやるほど、奥が深い、、というか難しい、、
テクニックじゃなく、どんな流れを作るのの?みたいな事ですが

暇があれば「ひとりDJ」やってるけども、ジャンルが広すぎて
まとまりつかず、、頭が痛い。


10/01/2009 Yaki-Niku Champion!!

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年10月 1日 08:53
  • Daily Life
yakicha.jpg

昨日の夜は 久しぶりにDJやってるFくんと恵比寿で焼肉!
いやぁ、、いい肉満載。

食べるの必死で(゜∀゜)結局、食べ終わってお店出た直後に「パチリ!!」


Index of all entries

Search
Feeds

Page Top