Twitter Facebook Myspace Soundcloud

2012年4月 Archive

04/30/2012 練習スタジオにて

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年4月30日 10:48
  • -etc | Music
m_fp1.jpg

先週末、5月にレゲエのイベント出演するバンドの練習に参加。

実に約30年前くらい前にやってたメンバーで、
考えると、なんとも凄いもんだす。
大げさに言うと、全員健康でここまで生きてる、という
事ですかね。

ゲストで出てもらうKajaさんは、
僕が18、19歳の頃にやってたバンドのボーカリスト&ギタリスト
今もバリバリの現役だし。
たぶん当時、彼のバンドに参加してなかったら
今の自分はもう少し違ってたかも、、というぐらい
、の出会いだったかもしれません。

ちなみに僕は当時、キーボード、フェンダー・ローズピアノ
オルガン弾いてた。
オルガンは借り物で、ローズピアノは当時のベーシストが
僕の代わりに買ってくれて、ω`)
彼にお金返してた。
まぁ、なんともな当時のバンドマン的生活がうかがえる話。



僕はピアニカ1曲とキーボードで2曲参加するのみ。

なんとかなりそうな感じ。

しかし、個人的には
当日、どんなキーボードが準備されるのか?!
にもよるけれど、、(ω;)




04/28/2012 GWはじまる

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年4月28日 10:22
  • Daily Life
d_flw.jpg

休んだり

仕事したり

野暮用とか

そんな感じ


04/27/2012 Emilano Salvador

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年4月27日 08:04
  • -vinyl | Music
cd_emi.jpg

キューバのピアニスト。
ジャズ?ラテンジャズ?なんて呼ぶんですかね?

もう一枚持ってるんですが、
なかなかノリよくかっこいいピアニストです。

こういうの JAZZとは呼ばないんですかね?

自分は普段からけっこうボーダーレスに
いろんなジャンルの音楽聞くけれど、
意外にJAZZは聞かない、
こういうラテンぽいノリのものは好きです、


話は飛ぶんだけど、

高校三年〜二十歳前後ですかね?
むか〜しはJAZZが流れてる喫茶店がそこらじゅうにあって
自分も結構通ったんですよ、
で、レコードも色々持ってたんですが、15年前くらいに
バッ!って売った。(ある程度は残してますが)

ロックもそうなんだけど、
ギターソロとかピアノソロとかサックスソロ、とか
「はい!ここから、ソロ!どうぞ〜!」
みたいな、そういう音楽、あまり馴染めなくて
歳を重ねる毎に、そういう指向になってきた。
なんでなんでしょ?

まったくダメ、という訳ではないけれどもね。
なんとなくです。




04/26/2012 「いろいろ変わる」

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年4月26日 08:25
  • -studio | Music
m_ku1.jpg

m_ku2.jpg

m_ku3.jpg

今週頭、2連ちゃんでスタジオだった。

どちらも遅めのスタート。

4月も終わり、連休に突入しますが、

いろいろやる事満載です。

体調崩さないように自制。

最近、静かに、いろんな所で、いろいろ変わってきてる。
不思議だけれど、偶然も含め、周りが変わってきてる事を
これまた静かに自覚しております。

昔から言ってるのですが、自分が大きく変化している時
本人はきわめて無自覚です。

その変化を生み出す母体?というか、曖昧だけれど
その中心にある「モノ」も、影響を与えるものも、これまた無自覚。
たぶん。

変化はその周りの人がまず気づいてる
で、だいぶ経ってから本人が、あぁ、あのときね、
みたいな事

当たり前なんだけども。

ちゅうか、何言ってんのかわからないかもですが、

リラックスしながら気を引き締めて
固くならずに、転がりましょう。











04/22/2012 Soul Revolution Part 2

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年4月22日 22:43
  • -vinyl | Music
lp_svp2.jpg

Bob Marley の70年初期のレコード
Lee Perry のプロデュース、でバックはUpsetters

僕はこの頃のボブがすき。

このUpsettersのリズムセクションの

Aston Barrett (Bass)
Carlton Barrett (Drums)

はのち、Bob Marleynのバンドのメンバーになっちゃうのですが、

いろいろジャマイカのミュージシャンがいるなか
このBarrett兄弟のリズムは特殊で特別。

口で言えないから音なんだけども
他に例えようがないというか、似たリズムがどこにもない。

このリズムに支えられボブの歌、
バーニーとピーターのコーラスは素晴らしい。






04/21/2012 ゲーム関係の人達

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年4月21日 08:01
  • Daily Life
d_yuki0.jpg

d_yuki3.jpgd_yuki2.jpg


そもそもゲーム業界などという言葉自体
自分が某Nテンドウ入社した時にはなかったわけで、



で、かれこれ約30年、そういう場所で仕事をしてる。


そのゲーム業界で働いてる人達の集まり、
渋谷のジンギスカン屋さんに集結。
約10名ぐらい?!

音楽に携わってる方達が多かったんですが。
実際ゲームのプロデュースされてる方など、
初めて会う方もたくさん。

僕はN社側の人間なので、今も
自分の周り以外の動きとか流れとかに、ホントうとい。
いろいろ話を聞いていると、お互いタイミングがズレながら
結構似た状況、局面をお互い生きてる気がした。

あぁ、それわかる、とか、
あぁ、たぶん我々もそんな風になるのかも、
などなど、とリアルに感じる事が多かった。

で、驚いた事に、弊社のスタッフが偶然にも
同じお店に入ってきて、ちょっと
ビックリクリクリ、クリヨ〜カン。


なんでしょ!?この偶然は、(((Д)))


04/20/2012 ゆったりこん、

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年4月20日 09:41
  • -vinyl | Music
cd_medi.jpg

少し暖かくなってきた。

寒いときは、ミニマルテクノをCDで、みたいな事が多いんだけど

暖かくなると、そうじゃなく、ラテンとかレゲエとかをレコードで、と
いう事が多くなる。

とても単純な反応だけれども
そういう事です。

このMeditationsってグループは1970年代から活動してて
まだ、やってるのかなぁ、?

このアルバムは1983年、このアルバムがベストではないけれど
ゆったりとしたOne Dropなリズムに、ゆるーくのるボーカルが気持ちいい。
この頃のRoots Radicsが演奏してるアルバムはほんといいなぁ。

でも、20代に感じたレゲエの染み入るような感覚は、
今はあんまりないなぁ、
残念でなんだけどね。
ホント、当時は馬鹿丸出しの生活してたしね
緊張感なく、責任感なく、、みたいな
心身ともにそういう状態だからこそ、忍び寄ってくる
音のバイブレーションがあったんだと思う。

身体のリラックス感が足らないんですよ、今は



04/18/2012 "何が宿る?"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年4月18日 08:50
  • -studio | Music
m_a1.jpg

m_a2.jpg

スタジオでの仕事でした。

やっぱ普段、曲作りの作業をする自宅は
防音設備のあるスタジオではないので

なんとなく、スタジオ来て音出した瞬間、
う〜ん、と納得できない部分があったりする。
音数とかアレンジの事ではないのだけれど

小さい音でも大きな音でも、その曲の魅力が
伝わればよいのだけれど、リズムにしてもハーモニーにしても
どんなスピーカー、状態で鳴らしたとしても

自宅では大きな音と格闘できてないから、

ま、会社のスタジオで検証すればよいのですけれど

音を浴びるってオモロいです。

人は耳だけで聴いてない、という事ですね、きっと。



04/15/2012 "さくら"数珠つなぎな一日

d_r001.jpg

d_001.jpg

d_r003.jpg

d_r0.jpg

d_r1.jpg

d_r2.jpg



04/12/2012 「恋のめざまし時計」

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年4月12日 08:12
  • -vinyl | Music
cd_oha.jpg

この曲 昔、1999年?ですか、
当時の「おはガール」に曲作ったのを思い出した。
しかし、この曲のマキシ・シングルで出てたの知らなくて、
2週間前に気がついた。(´;ω;`)

で、アマゾンで調べると、まぁ、なんと「一円」。
しかもジャケットの画像データもなし、、(((゜Д゜)))

うれしいような、まぁ、なんとも、言えない部分もありつつ、
ん〜、10年以上も経ってるわけだし、そんなもんすかね。

速攻、購入!!

聞いてみると、
あぁ、懐かしいなぁ
当時、オハスタ観てて、これ覚えてる人達は
もう二十歳前後?!ですね、きっと。

今聞き直すと、いろいろ、あぁしとけばよかったと思う箇所あるけれど
結構、自分でも好きな曲かも、
サビの展開がすきですね。
店長、あ、転調みたいなところですか?!

歌詞は、いつもの戸田昭吾さんです。
初めてて彼から曲のタイトル見せられたとき
「ププッ」ってふいた、♥
「なんなん、恋のめざまし時計って!?」
ま、「恋ですよぉ〜♥」って鳴るんですよね、


音と画質悪いけれど、youtube でも見つけた。
いやぁ、懐かしい、、
チラッとレイモンドも映ってるし、






04/10/2012 「なんだかなぁ〜」

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年4月10日 19:00
  • Daily Life
d_hara0.jpg

めちゃくちゃ調子悪いわけでなく、よいわけでない今日この頃。

微妙、

ま、昔から春先「木の芽時」、あまり調子よくないこと多かった。
昔、周りのスタッフに「木の芽ちゃん」と呼んでください、、などと
よく言ってる時期があったぐらい(((゜Д゜)))

ま、身体以外にね、いくつか心当たりはあるのですが、
仕方ないですね。


2〜3年前は、ウォーキングですか?!
相当、がんばってやってて
結構、安定してた時期があった。
「こりゃぁ、いいや」とばかりに。

ですが、

やっぱ、がんばり過ぎは続かないです。

と、

これ、ホントなんだけど
去年の311地震の原発事故の時以降、
外歩きたくなくなって、
そのままダラダラ、です。
「放射能」ってのがね、相当気になりました当時。

仕事も今月過ぎると一段落する案件多いので

夏に向けて、ちょっと身体、律します!







04/09/2012 No Title

d_omot.jpg

04/08/2012 "黄色の花がボケとる"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年4月 8日 02:21
  • Daily Life
d_ye.jpg



市ヶ谷から赤坂、ニューオ=タニに向かう土手沿いの花
名前は知りません。

8日(日曜日)の午前2時、ナウ!

今日、あ、昨日か、は、日中、渋谷、原宿あたりをウロウロ。
その本来的な目的とは別に、、、

東急ハンズで本棚?ユニット家具みたり
雑貨屋で何て呼んでいいかわからない色のティーカップ買ったり
レコード屋のぞいたり、きっちり5枚購入してみたり
F君と短い時間、お茶したり

で、

帰って PCの前に座って色々、復旧の為の作業するも
やっぱ、うまくゆかず、、(´;ω;`)
どこか投げやりな気持ちで夕食食べる。

で、

なんだ、いくつになっても
ひとりで真夜中に音楽流しながら
あぁでもない、こうでもない、と
いきたりばったりにやりたい事やる、夜長かな、
時間が経つにつれ、妙な充実感
いや、何もしてないんだけれども。

しかし、そろそろ寝ますかね、






04/07/2012 「プンスカ、プン!」

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年4月 7日 20:42
  • Daily Life
d_arian.jpg

今日、明日、と東京方面、なかなかの花見日和じゃなのかな。
ま、少し寒かったりするのかもしれませんが、
お酒でぱ〜っとしてれば。

私はお花見とか、ぜんぜんなく
個人的には問題山積の週末(´;ω;`)


仕事がらみの曲作りで、音楽ソフトでトラブル発生
なんどもメーカー(海外)に問い合わすも、なかなか前に進みません。
質問、返答にまるまる2日かかるので、
もう、シオシオです。

PCのおかげで、いろんな事がずいぶん楽に便利になってるのだけど
このPCのトラブルほどやっかいなものはない、

やっぱ音楽系のソフト会社は大変なんですかね?
たとえば日本の代理店はコロコロかわるし
ユーザーサポートもやっぱ人と金がかかるため、
メール対応だけになってしまったりで。
以前は電話とかでね、待ち時間はあって対応して
くれたんですが、

イライラしてても仕方ないので、ポヨヨンとはしてるのだけども。
なんとか、したい、してほしい。

ご飯食べても美味しくない、

5月末まで、いろいろあるので
気をひきしめて、やんないとね。





04/06/2012 「ふらふらさばく」

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年4月 6日 00:13
  • -etc | Music


NHK「おかあさんといっしょ」の曲作りました。

曲名は「ふらふらさばく

作詞はポケモンで一緒にやってる戸田昭吾さん。
通称「戸田部(トダブ)」
今回の件は彼から声かけてもらい実現しました。
トダさんサンキュ!

作編曲は「たなかひろかず

この「ひらがな表記」のこだわりがネット上では
曖昧に扱われてますが(ω;)、ま、仕方ないですかね、w

N社の退社以降、
ポケモンとかみんなのうた、とか商品になってる、ま、仕事として
かかわってる時の作曲者表記は基本「ひらがな」です。

で、今回の作曲
個人的に、嬉しい仕事だった。

まず「うたのおにいさん、おねえさん」に歌ってもらえるのが
ね、ホントうれしかった。
スタジオで初めてその声を聞いたとき
「あぁ、ほんまもんや!?」
と、ちょっと感動。

月金の番組分で流れるのではなく、土曜日に流れる分です。
「あつまれ!土曜日」という各地の放送局で収録される分で放映。

いまのところ放送予定日はEテレ(教育)

4月7日
5月12日
6月2日

土曜日、時間は8:00〜8:24と5:00〜5:24(再放送)です。

まずは、明日、4月7日、土曜日放映されます。

よかったら見てください。

映像は弊社クリーチャーズのAgoちゃんが担当。
キャラもかわいいです。

番組の担当ディレクターIWATAさんに感謝。




04/04/2012 暴れん坊低気圧のあと

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年4月 4日 08:08
  • Daily Life
d_sak.jpg

昨日の強風、雨のおかげで、
すっかり洗濯された感じのする東京。

そんなわけないけれど、
「花見のシーズン到来」が到来しそうです。

桜のシーズンは少し億劫な時期でもある。
なんか寂しいんですよ、この時期は昔から
あと、

むかし会社でやってたブログにも書いたのですが
( リンク貼れないのでコピペ)

実は「お花見」というのが どうもうれしくない、と言うか
乗る気がしない、きらいじゃないんだけれども、なんか
「楽しい」「きもちいい」という感じが湧かない。
友人によれば「日本人は 見上げる行為が好きな民族」らしい
そういう事を書いた本もあるとか??ないとか?と言う話を聞いた。

そう考えると 自分は逆で「見渡し(たい)派」だ。
「昔から 花火」もあまり「楽しい」と感じないしね。
見上げてる自分を理想としない、というかあまりイメージできない。
「気持ちいい事を考えてください!」と言われると すぐに
「アマゾン奥地のような樹海を見渡せる高い丘で体育座りする自分」
を想像する。朝靄のように 適度に霧に曇ってるとなおよい。


というような、、事もある。

「あぁ、やっぱり社長さんだからですね、」

みたいな事言わないでくださいね。(゜∀゜)




04/03/2012 春は"DA DA DA"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年4月 3日 12:06
  • Daily Life
d_kibajpg

4月です。

今日は台風なみの嵐らしい。
嵐の前の静けさ、などと言わずとも
コトが起こる前はいたって普通の日常
外はとても静かです、東京千代田区。

先日、部屋にあるここ20年まえぐらいからのデモテープのたぐいを
少しづつ聞きながら整理しよう、と思い聴きはじめてる。
DATとかカセットテープとかMD とかね、とにかくまとまりなく
たくさんあって。

何かが生まれてくるような作業ではけっしてないですが。

でも、個人的には懐かしさとか当時の心境とか、
純粋に「へぇ〜」こんな事やってたんや、とか
実際、製品(商品)CDになる前のデモには、その曲に至る
「初期衝動」のようなノリ、勢い、があって
仮にそれが雑な演奏であっても、肝心なものが眠ってる。

あぁ、惜しいなぁ、、というか
コレを、商品に詰め込んどかんかったら、アカンかったんちゃうの?!
、、と悔しい想いで当時を振り返ってみたり。

でもやっぱ、まさに!その時に、その時期に、その偶然もふくめ
その魅力を最大限高めた状態で出したいね。

で支持を得ることが出来るか?否か?
は、これまた別なんですが、


で、

( ここに前から続く文章があったんですが、自分で削除、)







Index of all entries

Search
Feeds

Page Top