Twitter Facebook Myspace Soundcloud

2009年12月 Archive

12/31/2009 大晦日

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年12月31日 11:11
  • Daily Life
kyo209.jpg

京都に帰ってる。

年末 見逃したMJの「This is It」
昨日三条の映画館行ったのだけれど
満員で入れなかった。

ま、来年ですね。

歳とともに精神的にもっと落ち着くべきだろうけども
ほんと落ち着かない。
これはホント困ったもんだと常々感じてる。
誰にも伝えられない自分固有のもんなのか、、

ま、仕方ない。




12/30/2009 No Title

yok1.jpg

yoku2.jpg

12/28/2009 Tokyo Dome City

dom1.jpg

dom2.jpg

12/24/2009 東の果てからHappy X'mas!!

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年12月24日 07:30
  • Daily Life
x209.jpg

子供の頃はね、地域の子供会というようなものがあって
みんな集まっていろいろ遊んだ。

京都はね、夏には「地蔵盆」という地蔵菩薩の縁日のようなものがあり
冬はキリストの誕生日を祝うクリスマス会があり、、というような、、
この日本人なのにクリスマスを、、という会話、話、何十年に渡って
くりかえされ、誰が言ってたというこではなく、耳にしてきた。
「そんな事どうでもいいんじゃないの?!」という会話前の沈黙に
すべて押し込まれ、ほとんどクリスマスを問う事じたい、なくなってる。


夜はドトールのケーキでも食べて帰ろかな。



12/23/2009 Joan of Arc と Owen 来日!!

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年12月23日 00:20
  • -etc | Music
owen-c.jpg

いやいやいや、キンセラ兄弟来ます!

このピンカラ兄弟のような響き
今ではこのピンカラ通じないかもですけども

どちらかと言うと弟のマイクの方をひいきめに聴いてる。
American Football」もよかったし。

 去年も来日してた。
けれど、僕はナマ初めてなので楽しみ。

12/20/2009 Yushima@Bunkyo ku Tokyo

yushi1.jpg

yushi2.jpg

yushi3.jpg

yushi4.jpg

12/19/2009 It's really gotten cold.

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年12月19日 19:54
  • -vinyl | Music
ds01.jpg

David Sylvian

JAPANの頃はねあまり興味なくて、音楽というより
そのスタイルが、服装とか髪型とか、見た目がね。
映画「戦場のメリークリスマス」(1983)で
坂本龍一とコラボしたもので興味持ち
Sercrets of the Beehive」(1987)が切っ掛けで
聴き続けてる。

地味な音だけど、こういうヒンヤリ静かな休日にはとても合う

彼の音って一貫して寒い世界の音だよなぁ

寒い時期はね、虫も泣かないし、、当然
動物の活動は弱る
冬の世界は基本静か、、

都会で生活してると、こういう季節による音の変化
気にしなくなってる

彼の想像力はつねにそういう静寂の世界を前提に広がってる
ように感じる、ま季節、地理的なことじゃなく精神性なこと
だったりするんだろうけども、、

このアルバム、Derek Bailey参加してる。
おっ!そうきたか?!って驚いた。
フリー・ジャズのギタリストです、フリー・インプロヴィゼーションって
言った方がいいのかなぁ、即興演奏家?

こういう質をもった音楽ってどのくらい支持されてんだろ?!
まぁ、アンビエント、エレクトロニカ的、、とも言えるけども
音の隙間の部分の密度がぜんぜん違うんだよなぁ、、
密度が濃いからいいという事ではぜんぜんないですけども

僕は12月生まれのせいかもしれないけれど
寒い時期が好き。

ds02.jpg

Nagano Station

funsu.jpg



12/18/2009 The import record which I bought for the first time

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年12月18日 00:38
  • -vinyl | Music

zep1.jpg

zep2.jpg

まぁ、普通、レコードが国内盤か輸入盤かなんて、
ほとんどの人にとってどうでもいい事で
「自分が初めて手にした直輸入盤レコード」
なんて事に興味ある人、ほとんどいないと思うけれど
自分の中では強い記憶として残ってるので、、、、、

1973年に出たLed Zeppelin 「House of the Holy」
これが自分にとって初めて買った輸入盤!!

僕は高校生

当時は、その音楽アーティストに関する情報がほとんどなく
数少ない音楽雑誌の写真、今思うと(くだらない)記事をたよりに
いつも「憧れ」だけがつのってた、、なので
音を聞くとね、なんか自分のイメージしてた音とは違ったりする
本物のアーティストに対して、「なんか音が違うんだけど、、」
なんて感想おかしいですけど、当時はそんな風だった。
私は、、ね。

輸入モノの音楽Rockというイメージは、も〜ほとんど「妄想」
「リアルな音」より「自分の頭」が先走ってた。
ほんと情報ないからね、、今のネット社会のように

また、そのレコードを聞く前に

レジに レコードを持って行くとき胸元から伝わる「ニオイ!」
「匂い」が違うわけよ、その中身以前に
レコードジャケットの印刷の匂いが。
「あぁ、これ輸入盤や!ホンモンや!」というような。
これも今思うとバカみたいだけど。

Zepの中では あまり人気のないLPだとか、、
けれど 僕は こういう方向きらいではないです。

ジャケットデザインはヒプノシス
イギリスのデザインチーム。
僕は当時、こういうデザインのイメージにホント憧れてた。

zep3.jpg

12/16/2009 金具屋@渋温泉

kaneto.jpg

12〜13日の土日、「田中宏和」御一行,長野方面バスツアーに参加。
僕は風邪気味で、体調に自信なかったので現地集合。

「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルとも言われる「金具屋」さんに一泊。
まぁ、いろいろ取材、ロケも兼ねてたのでゆっくりはできなかったけれど
モグラのトンネルのような構造?レトロな装飾品、民芸品が至る所に
飾られた、昭和の匂いを濃厚に保った旅館だった。
(来年 またTBSクマグスで放送予定!)

いやぁ、、自分で言うのも変だけど、それぞれの「田中宏和」さん
みんなそれぞれ個性的で優秀で、なによりみなさん人柄がいい。
素直な感想。

田中宏和のみで湯船に浸かり、温泉を満喫。

私は用事があり「理科の田中宏和さん」と先に東京戻ったのだけれど、
今回の旅で新たに、、、

「豪商の田中宏和さん」「りんごの田中宏和さん」の2人増えた。

「田中宏和のうた」ituneを始めPC上でもダウンロード開始。


12/13/2009 Suzaka@NAGANO

 Countryside of Japan.

tan1.jpg

tan2.jpg

tan3.jpg

tan4.jpg

tan5.jpg

tan6.jpg

tan7.jpg

tan8.jpg

12/12/2009 With Baiyon!!

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年12月12日 00:11
  • -etc | -game | Music

babai.jpg

京都在住 Baiyonくんというアーティストがいます。

彼とは彼がPS3のPixelJunk TM Edenの音楽を担当してからの付き合い。
そんなBaiyonくんとの対談がアップされた。
(日本語版もアップ予定)

Baiyonくんはグラフックデザイナー、DJなど、とても活躍の範囲が広く
海外でも活躍してる。
Edenの音楽はとても人気があり、彼の音楽はとてもクール!
元々彼がNintendoマザーシリーズのファンだったり、Edenの開発会社
Q-Games社長のDylanさんと僕自身が1990年からの知り合いだったり
そういったことが切っ掛けで、交流が始まった。

こういうゲーム関係のサイトでのインタビュー記事、久しぶりかも

Baiyonくんとは「音楽で何か一緒にできたらいいね、、」と常々話してる。





12/11/2009 海わたる!「田中宏和のうた」

budaa1.jpg

budaa2.jpg

なんか、海外でも取り上げられてる
いやぁ、スピード早い

その1

その2

その3

その4


音楽+映像の訴求効果はやっぱ強い
改めて思った

やろう、やりたい、と思いながら全然進んでいないMy Space 、、、
来年にはなんとか手をつけたい



12/10/2009 新作発表会@茶箱in早稲田


saba121.jpg

saba124.jpg

saba123.jpg

saba122.jpg

「新作発表会」なるイベント。
早稲田の茶箱というクラブに行った。
Chip tuneありエレクトロニカ、テクノ、あと、、なんだ?!とにかく
なんでもありで、とにかくその人の新作を発表する、、というイベント

最後、主催のCooveちゃん曰く、完成していないくらいの方が
このイベントらしくいいのでは!
ということでした。
とにかくアットホームな雰囲気充満で、毎月やっていくとの事。

今回私はマル秘デモ曲をiphoneから流した。
来月は、普通に数曲トライしてみるか。



12/09/2009 Time flies very fast.

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年12月 7日 16:27
  • -daily

tmy01.jpg

tmy02.jpg

tmy03.jpg

tmy04.jpg

tmy05.jpg

12/07/2009 Vermillion Empty Heart #1

ake_ho1.jpg

ake1.jpg

ake_bosa.jpg

12/06/2009 With "Rockers ! "

hh11.jpghh12.jpg

hh21.jpghh22.jpg

hh32.jpghh31.jpg

12/05/2009 Hirokazu Tanaka,Composer

Thank you for your visiting,but Mr.Tanaka is out now!

keikei.jpg


「田中宏和のうた」 >>>>>PV<<<<<Click

12/04/2009 ちょっとシツコイですけど

tanabo1.jpg

今晩「クマグス」ON AIRされます。

「田中宏和運動」が取り上げられるのはこれで2回目。
その中心人物「ほぼ幹事の田中宏和」さんが出演されます。
「田中宏和のうた」のレコーディングの様子が放送されると思います。

あと こんなんこんなん、もあります。


12/03/2009 No Title

kuro1.jpg

kuro2.jpg

kuro3.jpg
                                                                                        March 2008

12/02/2009 「田中宏和のうた」独占先行配信開始!

aa1.jpg

「田中宏和のうた」


レコチョクにて「着うた(R)」「着うたフル(R)」独占先行配信開始!

ココ!!! 「田中宏和のうた」っていったい何?をクリック!

に置いてあるPDFファイルに詳しく書いてある。




12/01/2009 「田中宏和のうた」配信開始か?!

pic00.jpg

個人的に音楽のネット配信(ダウンロードサービス)を利用したのは
わずか3曲。
自分はどうしてもやっぱアナログレコードか、CDになってしまう。

ココ!(田中宏和運動急加速!!)に書きましたが
明日レコチョクで「田中宏和のうた」が独占配信開始らしい
(、、なんか半信半疑なんですが、、)

「田中宏和のうた」


作詞:田中宏和
作曲:田中宏和
編曲:田中宏和
うた:田中宏和 田中宏和 田中宏和 田中宏和 田中宏和
   田中宏和 田中宏和 田中宏和 田中宏和 田中宏和
   田中宏和

というなんだか訳わからん感じ?!の状態になってる。
しかし、、見方によったら新しい試み?!
ひょっとしたら「奇跡」。

あと 今週の金曜日(地方によってまちまちらしいけれど)
TBSで深夜「クマグス」という番組で、この歌のレコーディングの
模様が流れる。
( あぁ、、ちゃんと右下、次回の予定クマグスに載ってる)

いやぁ、、そうとう恥ずかしい映像になってるのでは、、と少々不安
実はまだ観ていない、どんな反応になるのか楽しみではあるけども

ふざけてるようでそうでもなく、、まぁ、、なんとも不思議な流れ?!
就職する、スポーツクラブに入る、結婚する、バイトする、、という
ような事ではなく、いままでどこにもなかった「行動」なんだよなぁ
要は形容する「動詞」がない、、なんで気持ちがどこにも収まらない
わけです。
この「田中宏和運動」への参加は。

実はこの勢いもう少し続きそうです
お楽しみに!、、と書いてはみたが、、

誰が楽しんでくれるんだ????

Index of all entries

Search
Feeds

Page Top