Twitter Facebook Myspace Soundcloud

2015年12月 Archive

12/31/2015 "ギリギリ"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2015年12月31日 18:39
  • Daily Life
d_123115.jpg

なんか、プリンターの調子がよくなく
31日にやっとこさ、年賀状出せた、

会社で出す分は結構な量だけど
個人的なものは、ほんと少し
でも、なんとなくね、一言でも
意外に継続的に通じるもの感じるし。


みなさん、よいお年を!




12/30/2015 "Animals Tour '77"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2015年12月30日 18:25
  • -live | Music
animals_0.jpg

animals_1.jpg

鈴木慶一さんの音楽活動45周年記念のライブに
ゲストとして出演させて頂いた時に着たTシャツ

だいたい、大きなコンサートにゲストとして出た事なんかないので
何着たらよいものか、、と悩んで
渋谷、原宿界隈のお店をブラブラ

で、ある店で、これを見つけ

「コレ!やろ!」と

ピン、と来て速攻購入

穴は空いてボロボロ風なのですが、

で、最初はヴィンテージTシャツだ!と
思ってたのだけれど、
実は、そうではなく、ヴィンテージ加工品??

m_K1_hirokazu.jpg




12/29/2015 "今年最後の忘年会"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2015年12月29日 18:19
  • Daily Life
d_122915.jpg

今年最後の忘年会

友人のFくんと渋谷でサラッと。

今日はマッコリで、




12/20/2015 "45周年、慶一さんライブ!当日"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2015年12月20日 23:33
  • -live | Music
k1_0.jpg

アンコールを待つ、ステージ!

僕は、最初のアンコールで出てベースを
曲はマザー1から「エイトメロディーズ」

客席と大合唱で終わった。



で、その時のドラムは高橋幸宏さん
これも、最初で最後でしょう。


残念ながら、写真が一枚も残ってない、
マネージャーがいるわけでなく
一人でベースかついで行ったので
それがちょっと残念。



でもBS朝日で放映予定とか?

下の写真はリハーサル時のもの

何十年ぶりだ?初生はちみつぱい
中3で初めてレコード聞いて以来


写真 上 はちみつぱい
写真 下 ムーンライダース+高橋幸宏

k1_2.jpg

k1_3.jpg


12/17/2015 " 鈴木慶一さんLive リハーサル"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2015年12月17日 23:10
  • -studio | Music
m_rh_k11.jpg

夜、世田谷のスタジオで2時間ばかし

今週末、日曜の鈴木慶一40周年記念ライブのリハーサルに行ってきた。

ネタバレになるので、多くは語りません

が、

慶一さんのミュージシャン40周年記念ライブという事で
はちみつぱい、ムーンライダースのメンバーを始め
数々のミュージシャンが登場されます。


その中で、私は、マザー1、2というゲームを一緒にやらせて
いただいた、という事で。

慶一さんとの関わりは「そこ」だけなのですが、
光栄にも1曲、バンドのみなさんと演奏に参加する、
という事になりました。

マザーの開発で初めて関わったのは、多分1988年あたり?
かれこれ27年も前になる。
当時、週に2日程度、当時あった世田谷の慶一さん宅に
おじゃまし音楽を作るお手伝いをしてた。
自分も曲を作りましたが、
ファミコンって音源が3つしかないとか
作曲をしても、それをうまく伝える技術の方の比重が
大きかったので、音源に慣れていただく、という事も含め
直接、顔を合わせて、その場で音変えたり、その音源の限界も
含め伝えていったほうが、いいだろう、という個人的な判断で
そうしました。
当時、僕は31歳、いま思うと、メチャクチャ若い。


今回のコンサートの参加に関しては

最初は、僕が参加してホンマにええのだろうか?とも思いましたが、


普段の私通り」で演ろう、と思います。



m_rh_k12.jpg




12/14/2015 No Title

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2015年12月14日 18:01
  • Daily Life
d_121315.jpg



12/12/2015 "CPCM"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2015年12月12日 20:25
  • Daily Life
d_cpcm.jpg

神宮前のこのお店へ行ってきた

アパレル関係の人達?が多く集まった
情報サイト、ハニカム
ん〜、一般的に、どのくらい有名なのか?は知りませんが
僕はスタートした当初から、頻繁におとずれてる。

そこでブログ書いたりしてる熊谷さんというスタイリスト?さんかなぁ
がディレクションしてるお店に行ってきた。
その熊谷さんは、彼の本を買った事がきっかけで知りました。
2011年にでた、Green Life っていう本。
当時、植物に関しての本をいろいろ探してたのがきっかけで偶然です。


で、そのCPCM
服やら雑貨やらクラフトやら、
結構余裕持った店内に
いろいろおいてある、


好きな人は好き、
好きだけど似合わない人は似合わない、、(いい意味で)
というようなセレクション (いい意味で)

どんなブランドにも言えてるけど
やっぱデザインした本人が似合う、、とか
選んだ人が好きなものって、その人に似合うから(好き)
本人は意識していなくても、、
、、というような、当たり前のカラクリがある。

ま、なので、世の中、いろんなデザインのモノに満ちあふれて
るわけだけど、


洋服に関して言うと好きなものはたくさんありましたが、
僕の体型、特に顔、雰囲気に合うものは、Tシャツぐらい
だったかな?




ちなみに写真に写ってる帽子の人は
僕ではない。




12/09/2015 "De-Evolution"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2015年12月 9日 22:09
  • Music
cd_devo.jpg

1970年の終わり頃
一世風靡したニューウェーブ・パンク・バンド!

ニューウェーブってなんなん?ってことだけど
説明すんの面倒なので割愛、

退化した、というような意味で、DEVO というバンド名。
当時、このバンドに影響を受けた日本のバンドたくさんいた
素っ頓狂な動き、ステージング、
その衣装というか、ヴィジュアルイメージが衝撃だった。

音は結構ストレートなロック!なんだけど
チープなセンセサイザーが絡んだり
曲の持ってるパッション、スタイルはいまでも十分通用するのでは
とか思ってしまうけど


ホント最近の若い音楽ファンの耳(脳)は
僕たちのもってる耳(脳)とぜんぜん違うので
それは、まったく当たらないのかも、、


これはデビュー直前のライブ!らしいのだが
めちゃめちゃソリッドでかっこいい
買った直後、一気に聞いてしまった
最近、自分の中でもこういうCD少ないかも



12/07/2015 "The Yes Album"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2015年12月 7日 20:01
  • -vinyl | Music
lp_yes3.jpg

若い人たちには、まったくなじみなく、あまり響かないだろう
YES のサードアルバム。


音楽が好きで、いろいろ聞くようになったのは
幼稚園〜小学一年生ぐらいから


けれど、やっぱ中学の頃の音楽体験の意味がけっこう大きく
そんな中で、50代後半まで、いまもこうやって
飽きずに聞き続けてるひとつがYES


このアルバムと邦題「こわれもの」「危機」あと3枚組ライブアルバム
この4つは、恐ろしいほど聞いてる。


今年の6月このバンドのベーシストが亡くなった、彼は67歳。
ま、いままでいろんなミュージシャンが亡くなってるけども
個人的にこの人が死んじゃった事実は、結構リアルに響いた。
不思議。




12/03/2015 "aDanza"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2015年12月 3日 21:25
  • Daily Life
adanza-0.jpg

2日続けて書きます、

独り言です。(公式ではない、という意味で、)


仕事としてaDanza は「一時的な研究開発」としての位置づけ、
だと思ってて、エクスキューズ含めw
実はこれからの流れがミソ。
商品がどうのこうの、という事ではなく
開発を続けていく姿勢みたいな事なんですけども


で、実はこのaDanzaというアプリの開発期間はとても長かった。


それは、技術とかアイデアの問題ではなく
単純に人がいない、とか、こういう内容に興味がない、とか
社内のスタッフの自然な流れに翻弄された、だとかモロモロ。
なので、スムーズにひとつの固まったチームで開発を続けて行く事が
できなかった。
開発って体力いるんですよ、頭も身体も


でも、逆にそういう事が幸いし
たくさんの関わりを持たなかったからこそ
いろんな世代とか部署を超えたスタッフの「こだわり」が足し算され
世に出せて、こうして面白がってくれてる人達が
たくさんでてきてる、という事に遭遇できて


個人的に、少しほっとした。
あと、いろいろ重なるなぁ、
と、コレ、超個人的な感想。




ダンスを、Dance じゃなく Danza にしたのは個人的なこだわり

スペイン語でダンスの事を

Danza あるいは、Baile 

2つめのバイレ、は音楽好きの人にはなじみがある呼び方
だけど、ま、一般的にはわかりくいし、、

という事で、Danza という綴りを使った。

スペイン語に拘ったというより
ラテン的な「なにか」を意味として盛り込みたかった
アメリカとかイギリスに代表される西洋ではなく、、、
ってニュアンスです。

で、その「なにか」は簡単に説明できません、が。


 でも、ネーミングに対しての想いは
アプリの内容には直接関係ない事でです。





12/02/2015 "Danza ardiente = aDanza"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2015年12月 2日 20:33
  • Daily Life
aDanza.jpg

このBlogで 会社の事はあまり書かない方針でいたのですが、

なんか昨日あたりから急激にDL数が増え

ご覧の通り、、ランキングで1位です。


ビックリ・ビックリ・クリヨウカン





Index of all entries

Search
Feeds

Page Top