Twitter Facebook Myspace Soundcloud

2013年3月 Archive

03/31/2013 "MOOG MINITAUR"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2013年3月31日 12:25
  • -etc | Music
m_mog.jpg

去年、ライブの時に使えたら、と買ったもの。
けれど、まだ使えてない、。


毎年、この時期は会社の年度末にあたるので
なにかと余裕ないのだけども
少し落ちついてきた。


音楽制作用に使ってるMac@自宅もそろそろ買い替えの時期だし
とか、また次に向けての準備をいろいろやらんとあかんなぁ、

と、休日の朝、コーヒー飲みながらボンヤリと考えてる。


東京、今日はしっぽり曇り空。



03/28/2013 「ほんまかいな」

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2013年3月28日 23:27
  • Daily Life
d_130328.jpg

都内でみつけた某駐車場。
あ、あそこね、と解る人は渋谷通。

ん〜ほんまかいな、という事で,

2月ぐらいから調子あがらず
地味な毎日送ってました、
いやいつもよりまして地味な毎日を、と言う事。
けれどやっと最近、マシになってきた。

なんか今年は寒かったからかもなぁ。

で、いつもそういう微妙な不調が続くとき
いつも思う事はひとつで、

「あぁ、なんか音楽以外に没頭できてる事ないなぁ、」と

身体が元気で、仕事ができてる事前提で
次の課題は、絶対に「これ
と感じる今日この頃。



03/26/2013「出張@京都」

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2013年3月26日 23:53
  • Daily Life
d_130326-1.jpg

d_130326-2.jpg

d_130326-3.jpg

d_130326-4.jpg

ま、仕事で京都へ、
打ち合わせ時間に余裕もって出て来たので
京都駅〜東福寺で降りてテクテク、鳥羽街道にある古巣、
N天堂、旧本社へ


あぁ、懐かしいなぁ、
あぁ、懐かしいなぁ、
あぁ、懐かしいなぁ、


京都に勤めてた頃は
毎日ですよ、ほぼ毎日、この寺きたり
東福寺近辺をウロウロしてた。

都内でサラリーマンしてる人からすると
想像できない、と思うけども
ホント、毎日、この風景で過ごすんですよ
しかも四季折々、
観光で、じゃなく、昼休みのひと時がこの場所なわけで、

今の東京じゃぁ考えられないけども


あと伏見稲荷周辺とかも
とにかく昼休み、一時間を
ギリギリ、会社の周辺を歩いてた。

風景はそれほど変わってないけれど
当時、通ってた喫茶店とか食堂は
ホトンドなくなってる、
ちょっと寂しいけれど
みんな引退したわけです。
亡くなった店主も多いし。



やっぱ平日がいいですね。
また、時間とってゆっくり来たいです。








03/24/2013 「ロケット団 2013年新入団員研修」

p_rock-1.jpg

p_rock-2.jpg

23日(土曜日)の午後2時、
ラジオ番組「ロケット団ひみつ帝国」のライブイベントで渋谷へ。


抽選で選ばれたリスナー200人弱?が一同に集まり
ロケット団3人と共に楽しんだ。

ま、ホンマもん!の三人がね、
ムサシ (林原めぐみ)
コジロウ(三木眞一郎)
ニャース(犬山イヌコ)
カーテン越しではあるけども
直接、話しかけてくれるわけだから、
そりゃ、凄い事ですよ、それだけで。

お客さんは楽しかったのではないでしょうか?!
で、このお客さんの男女比、
女性が圧倒的に多かったです。
7割〜8割が女性でした。


最後は、この番組の為に去年リアレンジした
「ロケット団よ永遠に!」をみんなで合唱して終了!

ま、この曲、当然アニメ意識した曲なんだけども
自分的に、けっこう好きなんですよ。
地味に気持ちが盛り上がる気がして、、w
特に最後の「明日が〜♫」の繰り返しの所が、。








03/21/2013 "サクラ・ゴーラウンドな"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2013年3月22日 07:53
  • Daily Life
d_sakugo.jpg

「花見」好きじゃないです。

「サクラ」は好きだけども、

「花見」の時の、
あのゴミだらけ、
青シートとか、
雰囲気が駄目。


けれど「桜」はキレイ。




03/19/2013 No Title

pho_gaye.jpg



03/18/2013 "GRRR"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2013年3月18日 20:27
  • -vinyl | Music
cd_grrr.jpg

The Rolling Stones

1962年から活動してて、いまなお現役ってのがね、
50年超え、半世紀活躍してるわけで。

60年代終わりから80年始めにかけてのストーンズ
マメにレコード買って聞いてた。
けれど、そこから、あまり興味わかず、
アルバムだと「TATOO YOU」/'81まで。

けれど1991年、彼らの25周年の時に出た
VHS「Rolling '63〜'89」25X5っていうストーズの
ヒストリーもの映像作品は当時、とても気に入って
ヘビロテだったんだけど。
(さっき調べたら、これDVDになってないのね?)


で、最近、また、何故か気になりはじめて
きっかけは単純にYoutubeでみる彼らの映像
特にミックジャガーのパワーがね
もう、どう考えても普通じゃない、と。

どうやってあの声、あの動きを維持してんのか?
あと、理解できる範囲で彼の話してる内容とか。

ま、色々伝わってくる様々は、脚色、演出された
ものが多いのかもしれないけど、そういう事も含めた
エンターテイメント、とそれに向き合い継続していく
ミックの姿勢に、なんか音楽超えた部分で魅力感じる。

その名前の通り、転がる石のごとく
淡々と前向きに「仕事」してるわけで、
この「仕事」の質、量がね、うまく言えないけど
ハンパない、と感じる。
音楽がどうのこうの、って事ではないのですよ。



所有してる音源が全部アナログだったので、
この最近出たベストCD買ってみた。
ジャケのインパクトも凄いし。

部屋で鳴らすと、今更だけど
特に新しめの音源がぜんぜん違ってびっくりした。

あらためてチャーリー・ワッツのリズム、凄い。




03/16/2013 カラスさん@代々木公園

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2013年3月16日 14:33
  • Daily Life
d_yoyoka.jpg

東京来て、ま、それなりに長いのだけれど
この代々木公園 来たのって、たぶん3回目だと思う。
(そのうちの一回は、番組のロケ。)

結構広く、緑が多いにもかかわらず
初めて来た時
なんか好きになれなかった。

それは、とにかくカラスの群れが多く
カァカァカァ、カァカァカァ、
うるさいわけ,


で、久しぶりに来ても
やっぱ、カラスの群れがね、
カァカァカァ、カァカァカァ、カァカァカァ、
って事で

別にカラスが嫌いなわけではないけども
いや、ひょっとしたら
歓迎してくれてるのかもしれませんが、、

けれど、やっぱ、

なんか芯からリラックスできひんなぁ、と。



でも都心の緑とこういう場所はメチャ貴重!!




03/14/2013 「突然!高橋くん」

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2013年3月15日 07:47
  • Daily Life
d_takahashi.jpg

けっこう長くBlogやってるけども
人が登場する事、めったにない

基本、自分が本来的に好きな音楽とか、その活動状況とか
ま、飛び飛び、スカスカではあるけど日常の一コマを
中心に書いていこう、と思って始めたBlogなんだけども。

いや、普段はね、音楽メインで行動してるわけではないけれど
ま、通常の仕事も含めるとそうとう色んな人達に合ってるわけで、
日々溜まって行く、名詞の数とか半端ないっすから。

けれど、なかなか仕事でもプライベートでも
その場にいる人達にむかってカメラを向ける、と言うのは
どうもね気がひける、
というか、できない。

今回は、たまたま打ち合わせ終わって
近所@市ヶ谷のCafeでランチした時の一コマ。

本人に確認したら、
「えっ、いいですよ」って事だったので、



突然!ですが、「高橋くん」。





03/13/2013 フルはまだ?!「サクラ・ゴーラウンド」

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2013年3月14日 16:04
  • -poke | Music
m_sakura-1.jpg

m_sakura-2.jpg

先週だったか?先々週前か?
テレ東の「ポケスマ」でエビ中が
サクラ・ゴーラウンド」歌った、

フルサイズではなく、TVで流れてるアニメサイズより
若干、長めの尺のモノ♪。

やっぱ、本人達が動いてるのを聴くのと
アニメで流れてるのを聴くのでは、ぜんぜん違いますね、

この歌、特に歌詞がね、1番、2番と歌ってはじめて
現れる心情があるから、この歌気に入ってくれた人達には
ぜひ、フルサイズのモノを聞いて、歌って楽しんで欲しい。
音楽的にも間奏があって、後半、2番、、という流れをね
ぜひ聞いてほしいんだけど、

ま、今回はいろんな制約の多い中
紆余曲折あって、この曲に落ち着いた。
前回が、ももクロ、「みてみて☆こっちっち
けっこう人気高かったし、アーティストも女の子のグループ
という事で、似てる事もあり、どんな曲をもって
いくべきか?ちょいと迷った。

いつも言ってる事なんだけども
ポケモンの曲を作るときは
下は3、4歳の子供から、
その子供を見守る家族も含め
楽しめるように、、とそんな想いで作ってる。
ま、「気持ちは、」って事ですけど。


だんだん暖かくなってきて
まさにこの曲が語る旬な季節がやってきた。



03/12/2013 No Title

pho_shib0.jpg



03/10/2013 "John Klemmer"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2013年3月10日 14:42
  • -vinyl | Music
lp_jk.jpg

cd_jk.jpg

今の人達にとっては、
喫茶店のBGMとか街の商店街、アーケードのスピーカーから
鳴ってるようなBGMとしか聞こえないかもですが、
ジャズ・フュージョン、とかクロスオーバーなどと呼ばれる音楽が
'70〜'80年代にかけて流行った。

今となっては、シャッター商店街のBGMというイメージが
一番近い、、というようなジャンルになってしまってて、
( いや、そういうジャンルのすべてが、って事じゃないけど)
まぁ、その何とも言えない立ち位置になってしまっている事に
関しては、、苦笑するしかないんだけれど
当時は、とても洗練されたオサレなジャンルとして
もてはやされてた時期があったわけで、でも
音楽が駄目、、という事じゃなく、めちゃくちゃ雑に言うと
世の中は音楽に関係なく変わっていってる、って事で、

でも、20代前後そんな音楽にも魅了されてきた自分は
今でも、この手の音楽結構好きで、
普段聴いてるテクノとかレゲエ、ブラジル、アフリカものの合間
夜な夜な流す事がある。

そんな中でも、このテナーサックス奏者John Klemmer
Touch」というアルバム、1977年のアルバムなんだけど、今も現役。
で、聴くときは決まって、夜寝る前とか、たまの眠れない深夜のBGM
として活躍してる。
考えてみると、30年以上、聴いてるわけで

全体に、なんともマッタリムード、
音楽的にまったく尖った部分はない、
ディレイのかかったサックスが、エレピを中心とした
シンプルな演奏の中を駆け巡る。


なんか遠い昔、郷愁というか、儚く、淡い孤独感漂う、


どうしても流行る事、売れる事、というように
経済的な側面を捉えて語られがちな「音楽」だけど
世の中を先見しながら進む音楽じゃない音楽の様を
しっかり感じられる「音楽」のよさをもったアルバム
だなぁ、、と


自分の好きな音楽の「ものさし」のひとつはこういう事。


03/09/2013 "20℃"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2013年3月 9日 16:08
  • Daily Life
d_130309-1.jpg

d_130309-2.jpg

今日は暖かいです、東京。
明日はもっと暖かい、らしい。

黄砂とか PM2.5とか、来る、とか来てるとか?!
心配なんで、
一応、東京都の大気汚染状況みたりして、

東京都環境局のWeb siteっていろいろ詳しく載ってるけれど
とにかく、見づらい、、
こういう公共・自治体の提供するサービスって
正しく、詳しい情報がしっかりしてる?にもかかわらず
どうも必要な所にたどりつきにくい、というか
知識レベルの高い方々には、これでいいのかもしんないけど
どうもわかりにくい。

で、こういう人達って、「もっとわかりやすく、」となると
一気!に変なキャラクター使って妙に稚拙な方向にふりすぎて
逆にわかりにくく、なったりする事もあるしね。

ほどよいレベルに落ち着いたサイト目指し
がんばってほしいものです。







03/08/2013 "Off-street Green #04"

osg_38.jpg



03/06/2013 「春よこ〜い!」

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2013年3月 6日 20:56
  • Daily Life
d_bf_130306.jpg

やっとこさ、寒さ和らいできたような気がする。(東京方面)

今年は特に寒かったような、
で、いつもより「その寒さ」身体にこたえた気がする。

食欲は落ちてはいませんが、
身体はガチガチ。

一昨年〜去年の、音楽関連の種々様々な作業(仕事も含め)
詰まってたので、なんか、まぁ、
そういうストレスが溜まりに溜まってたのかも、(と想像)

足裏、ボディマッサージ、サウナ、岩盤浴、ジム、などなど
体調の隙間みて、、日々、前向きにがんばってます。
あぁ、あと早寝も、心がけてる。

でも、一歩進んで、一歩半下がる的状況が続いてる。

とりあえず「一歩半」進めばね、



03/05/2013 "Atoms For Peace"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2013年3月 5日 23:09
  • -vinyl | Music
cd_amok.jpg

トム・ヨークの新しいバンド"Atoms For Peace"

レッチリのフリーが参加との事なので、
どんな音の方向性になるのかと思ってたけれど、

あいかわらず、メランコリーな音満載。

打ち込みと生楽器のバランス加減もいいなぁ。

ロックより、、の人だと
フレーミングリップスのアルバムなんかもそうだけど
いい意味、ヌけたサウンド作り、というか
リラックスしてる、、というか、
突込み過ぎてない、、というか

ジミではありますが、

僕は好き。



03/04/2013 横たわる"NORTH FACE"の紙袋

d_130303.jpg



03/02/2013 "中央線"と"空気公団"

d_130302-1.jpg

d_130302_-2.jpg

中央線で吉祥寺へ

天気のいい休日
中央線から見える景色が好き
なんだろ?景色がいいとかじゃなく
関西出身の自分にとって、
何故か"東京"ってイメージをぼんやり感じ、
ホッコリした気分になる。

で、

"空気公団"聴く、と必ず
天気のいい休日、
中央線(新宿〜吉祥寺)からの風景が頭に浮かぶ
当然、逆の場合もある
不思議。


空気公団は1997年に出た最初のアルバムから
2004までアルバムは出るたび購入しよく聞いた。
自分にとってのゆっくり、ほっこり休日アルバム!





Index of all entries

Search
Feeds

Page Top