Twitter Facebook Myspace Soundcloud

2012年3月 Archive

03/31/2012 益子の皿と"アカシアの蜂蜜"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年3月31日 19:38
  • Daily Life
d_stn.jpg


朝、パンを食べるとき、たっぷりなバターと蜂蜜とコーヒーという
組み合わせが昔から好き。

たぶん、自分が長生きし、80歳代の老人になったとしても
朝はこの組み合わせを楽しんでる気がする、w
蜂蜜のかわりにジャムでもいいんだけども。

で、蜂蜜はというと、もうこれはぜったい
アカシアの蜂蜜」と決めている。
とにかくクセがなく、甘さもなんとなく控えめだし。

しかし、

311の地震の影響で、いつも買ってた「アカシアの蜂蜜」が手に
入らなくなって困ってた。それは福島産だったんですよ、
たぶん東京に入ってたオーガニック系の食材は、距離からしても
福島とか栃木産のものが多かったのではないか?と、

で、たまたま、以前このお店(写真上)で見つけて以来、足を運んでる。
ま、他にもみつけようと思えば、あるんでしょうけども、w
ついでに、益子の竹田さんって方に頼んでおいた陶器のお皿が
出来上がり、取りにきた次第。




昨日あたりから東京、めちゃくちゃ風が強い。
寒さはいくぶんマシになってきたけれど。





03/30/2012 音楽制作の事など

d_13k.jpg

う〜ぬ、ちょびっとSoundcloudにデモ音源を上げてみて感じた事

普段、Macで音楽制作しながら、その場でもう数えきれないほど何回も
自分の曲は聞いてるわけです。

そういう時、何考えてるか?というと、

音楽あるいは音のクオリティーチェックというか、
バランスとか曲そのものの展開とか構成、あるいは
何が足らないか?逆に余分なモノはないか?
などなど、、考えながら、
次にする作業を想像する。

みたいな風なのですが、

実際、SoundcloudにUPしたものを
ポチッ!とクリックして再生すると、
ん〜何故か普段と聞いてる印象と違うなぁ
そういう音の中身の事ではなくて


自分の次に向かう姿勢みたいな事をより考えるようになった、というか

不思議だなぁ、

打ち込みもいいけれど、なんか
もっと生っぽいものを録ってUPしたいと
だんだん思えてきた。

自宅はね、生音録るには限界あって、難しいことも多いけれど、

ま、これは仕事でやる作曲を言ってるわけではないのですが、




03/28/2012 井の頭線とか京王線、そしてI君

m_iga1.jpg

m_iga2.jpg

仕事終わってから、Iくんと下北沢。

友人のバンドが出演するイベントへ

なんか超満員でね。
次から次に人が押し寄せる。
美容院関連のパーティだったみたいで、

日が変わる寸前には帰宅した。

しかし、夜の下北沢!!
いつのまに、あんなキャバクラだらけになったんでしょ?
あんな風になってるとは知らなかった。
誰が行くんだろう?
って男性に決まってるけれど

なんか、雰囲気変わったなぁ、
下北結構好きだったけれど
なんとも言えないです、あそこまでキャバクラだらけ
呼び込みの兄ちゃんだらけになってしまうと。









03/27/2012 Soundcloud とか

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年3月27日 08:40
  • -etc | Music
vum1.jpg
socl.jpg

(((゜Д゜)))
三月も終わろうとしてますが、まだ寒い。

会社の年度末にもあたるこの時期はなにかと忙しい。

Soundcloudに数曲UPした。

普段、仕事でやってるような質の音楽ではなく
趣味?っていうか、打ち込み中心で、

ピアニカ吹いてる「Honey Dub」という曲は20代前半から
やってた曲で、約30年ぐらい前の曲になる、(((゜Д゜)))

Tijuana Gold No.555」も実は約6年前ぐらいのもの。

他にも、古いもの含めると色々あるので、ボチボチUPします。

ホナ!





03/25/2012 故山本直純さん

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年3月25日 15:36
  • -live | Music
m_nao1.jpg

m_nao2.jpg

前日のリハーサルは、このコンサートのもの
作曲家 山本直純(なおずみ)さん没後10年の音楽会という、
場所はサントリーホール。


ま、当然でしょうけど、年配の方が多かったです。
学校の先生みたいな人だらけ、というか
会話のトーンとか内容が、モロそんな感じ。


三部に分かれてて3時間半もの長丁場!
ちょいと疲れましたが、思った以上に楽しめた。
たぶん自分からすすんで行く事はなかったであろうコンサート
けれど、随所でいろいろ考えさせられ、
いろいろ得るものも多かった。

山本直純さん、といっても、ほとんどの方はご存知ないかも
ですね、若い方々には。
けれど、ドリフの八時だよ全員集合のテーマソングだとか
映画男はつらいよ、のテーマソングだったり
「一年生になったら」というような子供の為の音楽とか
かなり有名なものが多いんですよ。
と説明しても、??って方も多いでしょうが。

最後には「小澤征爾さん」肉声のメッセージもあったりで
その生前の山本さんの存在の濃さを垣間みた次第。

ま、他のジャンルでも当然なんだけれど。
やっぱ生はね、ホントいろいろ楽しめますね。
僕はオーケストレーションに関するいろいろ、に関して
まったく無知なんだけれど、その音の積み重ね方だとか
楽器の組み合わせの様々など、自宅でCD聴くだけでは
気づかなかった事が、耳だけじゃなく、その音を「目で追うこと」で
いろいろ感じるものが多かった。
その奏法、団員のノリも含め。

普段は歌もののアレンジを考える事が多いのだけど
メリハリの付け方とか全体の流れをどう作っていくか?みたいな
事の土台は似てる、いつも言いますが、相手は人間だし。
長時間飽きずに音楽を楽しんでもらう、という事からすると
DJなんかも同じだしね。

で、2部のゲストは「さだまさし」さんだったんですが、
ん〜、やっぱ凄かったですね。エンターティナー!ですね。
一見、あざとくも感じるけど、やっぱトークは一流。
ちょっと天才的ですね、話の持って行き方とか、。

べた褒め(゜∀゜)。










03/24/2012 リハーサル見学

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年3月24日 22:47
  • -etc | Music
m_sumii.jpg


週末、錦糸町の「すみだトリフォーホール」へ行ってきた。
楽屋口からですけど。

友人の作曲家Sさんのご好意で、
新日本フィルハーモニー交響楽団のリハーサルを見学させてもらった。

土曜日にサントリーホールで行われる音楽会のリハ。

指揮者は秋山和慶さんって方。
経歴みると、凄い方です、たぶん、じゃなくきっと!
私は、こっち方面、まったく詳しくありません、


だいたいオーケストラを最前列で座って聴くなってこと
生まれて初めてですし。
スタジオで映画の劇版の録音だとか、自分の曲のオケ録りとか
何度も立ち会ってますが、オーケストラのコンサートの練習風景は
初めてです。

へぇ〜って感じですね、
何が「ヘぇ〜」なんだか、よくわかりませんが。(´;ω;`)

とにかく音が気持ちいいですよね、オーケストラって
あと音のレンジが広いから、ちょっと感動してしまう。







03/23/2012 "Tezuka san"と"鰻さん"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年3月23日 08:29
  • -studio | Music
m_tz1.jpg

m_tz2.jpg

最近、スタジオ作業多し。

いつもは後ろ姿だけれど、今回は前から。
エンジニアのT氏

昨日の夕方から日が変わる手前まで、ここにいた。

音に集中していると、動かないのに疲れます。

で、

なんか「鰻」が激減し、価格が高騰してるとか
専門家は「うなぎ絶滅の危機」、とも

というニュース、前から気になっていたので
夜食は「ひつまぶし

なんで、鰻丼やなくて「ひつまぶし」やねん、という事ですが
ま、なんとはなしに。

地球温暖化で、とか、異常気象で、食物連鎖のバランスが壊れた、
とか、いろいろニュースでは言ってますが、
単に人が生き物のサイクル無視して、乱獲しただけの結果が今!
といういうだけの事と、、ちゃうの、と、
自分らが毎年毎年、食べ続け、売れ残ったらバンバン捨てといて
で、おらへんようになった、おかしい、おかしい、と騒いでる
その張本人はあんたら、と違うんですか?と
まず、そんな事が頭にうかんだ次第です。

あんたらは、、には、わたしも含まれます。



作業は来週もつづく、





03/21/2012 Hi Hi Hi


sv_1.jpg

とか、

sv-2.jpg

お気づきかもしれませんが、、

(写真上)みたいなものが増えました。

TwitterとかFacebook はかろうじてタッチしてるけれど。
そのMyspace とかSoundcloud とか音源アップしてないです(・ω・;)。

Myspaceとやらは、なんか使いにくいのですよ、
なんか重いし、わかりづらい。
Soundcloudは最近利用者多いですよね。


そのうちします、といいながら、いつになるのでしょう?
音源はないわけではないのだけれど。
昔やったゲーム系のRemixとかかなりあるのだけれども
こういうのって気楽にUpしちゃって大丈夫なんですかね?
そういう事が大人っぽくみえるくせに、根が子供で調べようと
しない、、というか、そういう事に対して探究心がない。
あと、

「あっ、こんなんできましたんですぅ〜(^ω^;)(;^ω^)、ワ〜イ、ワイ!」

みたいなノリ、本来的にないのですよ。





よしっ!!



今週末には、なにか1つか2つUP!してみます。




03/18/2012 どうなんすか?

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年3月18日 22:44
  • Daily Life
d_kuma1.jpg

最近、東京、地震多いっす。

ホントどうでもよいような、軽めのことをいくつか

最近、めっぽう朝弱くなった、起きて3時間ぐらいしないと
エンジンかかりません。
困ったもんです。

あと、胸囲が増えた気がする、太ったのかなぁ、
シャツ着ると、胸辺りがキツく感じる。
ジムのせいかなぁ、でも、そんなに一生懸命にやってないのに、

最近、カレーがやたら食べたくなる、というか自らカレー食べに行く
事が増えた。

Twitter 
とか Facebook もやってるけれど
まめに更新していない。だいたい、
ありのままをバンバンアップする、みたいな事ができません
色々、理由はあるのだけれども
まず、仕事がらみの事は当然できないしね。

普段の生活はホント地味だし、(たぶん)

いろんな人と歩調を合わせたり、同調する、みたいな事は
本来的に苦手かも、だし。

最近、作曲で使ってるLogicというソフトがクラッシュする頻度が増えた
これは、ほんとシャレにならない。
もぅ〜、ホントッ!!シャレにならない。

以前も本体のMacproのビデオカードが逝かれて
真っ青になった事がある。
問い合わせると生産中止、とか、ライトユーザーに対しては
いい事ばっかり言ってる裏で、Appleの対応は酷い部分がある。



、、ま、、今日は、ここまで、



03/15/2012 Marcelo Camelo

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年3月15日 20:43
  • -vinyl | Music
cd_br.jpg

ブラジルのマルセロ・カメロ

普段聴いてるブラジルものとは少し毛色が違ってて
なんかロックぽくもあり、Youtubeで実物みるとCD屋のpopみたくSSW的
な印象うける。

全体の音色が籠った感じに仕上がってて、レコードっぽい匂いというかCD
だなぁ、、と。どうしても打ち込みっぽいクラブっぽい音楽を聴く事が多い
今日この頃なんだけれど、人肌っぽい感触が和みます。

と、言っておきながら

生楽器使おうが、すべてPC上での打ち込みによるものであっても
その芯に見えるのは、
耳が、身体が、感じるその先には必ず人がいるわけで、

僕は、普段、ほとんどそういう区別なく音楽に接してます。

まったく関係ないけれど、なんかラーメン食べたいなぁ
焼酎とかで少し酔っぱらい、ラーメンの具をつまみに2杯目に突入
帰ってフロ入って即就寝みたいな。
ちょっと疲れてますね、今週はあと一日。





03/12/2012 ご対面!?

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年3月12日 00:43
  • -vinyl | Music

m_pab3.jpg


先日のCAYのあと、渋谷のレゲエバーに行ってビックリ!
'79年に出てAugustus Pablo の"Ital Dub"の日本盤ジャケが!

イラストレーターのヤギヤスオさんの原画?が
たぶんそうなんだよね、きっと。
ヤギヤスオさんと言えば我々の世代からすると数々のレコードジャケット
描かれてきた方、ネットで探したけれどWeb Site らしきものはみつから
なかった。Twitterにそれらしきアカウントはあったけれど、はたして、

この当時 日本のTRIO Recordsから出てたこのシリーズが、まぁ、
本場のレゲエ初体験だったわけで、思い出深いレコード、個人的に。

当時、レゲエというまだ未知のジャンル
(若い人達は想像できないだろうけど)のプロモーションは、
「夏だ!レゲエだ!トロピカル!南国気分!」みたいな方向が
多かった、けれど、このジャケはしっかりトレンチタウンな、
ゲットーな雰囲気を出してるし、なにげにラスタカラーになってたり
しっかり、ジャマイカという国で生まれた音楽という
強いイメージもったジャケット。

ちなみに原盤(ジャマイカ盤)のモノは、日本ではマズい
ジャケットになってます。(・ω・;)

m_pab1.jpg

m_pab2.jpg





03/11/2012 去年の今日

y311.jpg

311」長いようで短い一年。

僕はちょうどその時、六本木ヒルズの18階にいたのだけれど、

その時、打ち合わせの部屋から撮ったモノ。

亡くなった方々のご冥福を祈りたいと思います。



03/10/2012 青山民謡酒場

m_min1.jpg

m_min2.jpg

m_min3.jpg

昨日はYくんに誘われて
青山のCAYへ青山民謡酒場というイベントへ。

つるとかめ」という太鼓を叩きながら民謡を歌う女性と
津軽三味線の男性の2人組のライブ。

ゲストが凄くて

林立夫、ASA-CHANG、坂田学、伊藤大地

知らない人も多いかもですが
いづれも有名なドラマーの方々

やっぱ民謡は「息と間」、、というか
変にリズムで埋めるより
やっぱソロの時にその本質が見える
民謡に関してはまったくの素人ですが、
三味線の澤田さんという方、なかなかの方なのでは?
とても"しなやか"

あと、DJをされてた大石始さんをYくんに紹介してもらう
大石さんは去年GLOBAL BEATS というとてもタイムリーというか
とても個性的な音楽ガイド本?!を書かれた方で、
いい時期にあえてとても嬉しい。

あぁ、あと、すぐ隣はピーター・バラカンさん(ご夫婦?)が、
ステージに近い客席は、なんか業界っぽい人が多かったり
30代から40代すぎぐらいの女性主婦グループの団体さんが多数とか
(これ、理由はココでは言いにくいですがw、、)
客席はなんかちょっと不思議な雰囲気に包まれてた。

面白いイベントでした。








02/09/2012 阿佐ヶ谷と"ブリしゃぶ"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年3月 9日 09:37
  • Daily Life
d_asaga.jpg

東京地方、雨です。
けれど、寒さは、なんとなくマシですね。

で、先日

阿佐ヶ谷

高円寺、西荻窪、吉祥寺は何度も足運んでますが、

あぁ、駅降りたら、ぜんぜん高円寺とも、吉祥寺とも
違う雰囲気なんですね。
駅前しかみてないけれど、落ち着いた雰囲気。


おじいちゃんとかおばあちゃんとかやたら多く感じたのは
たまたま?!


このWeb Site の制作などでお世話になってるご夫婦の
オフィスが阿佐ヶ谷という事でおじゃましたのがその理由。
で、S夫婦とも久しぶり、一緒に食事した。

会社は着々と歩んでるようで、頼もしいかぎりです。

海鮮料理、、いいっすね、やっぱ。





02/08/2012 Nice is Good.

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年3月 8日 08:26
  • -vinyl | Music
cd_ms.jpg

ベルギーのバンド、Marble Sounds
英語で歌ってるけども。

こういうサウンド、なんて呼べばいいんだろ?
ロックってことだと思うけど。

トータスとかシカゴの音響派って呼ばれてた
連中のもってたような緊張感あったり
ちょっとエレクトロニカな空気も感じるし

音聴いたときにちょっと古いけれど、なんとなく
初期のWheat を思い出したけれど、もっと繊細だよなぁ、

なにげによく聴いてる。






02/07/2012 Kisses

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年3月 7日 08:22
  • -vinyl | Music
cd_ki.jpg

アメリカのギターポップバンド Kisses

Rallye Label から出てる。

むっか〜しBlogでも書いた Au Revoir Simone もここから
たくさんCD出してる。

80年代にも90年代にも"ギターポップ"って呼べるような
バンドがたくさんあったけれど。

当然だけど、また、違った魅力感じるわけで、
これが口ではうまく言えない。

伝わってくる空気感、というか?!なんというか?
最近のこういう若い連中の音楽、ホント好きかも、
というか、ずーっと好きな音楽がある、という事で
ことさら"好き"という必要なしですか?ね。






03/03/2012 やっぱ、Play it Loud !!

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年3月 4日 18:30
  • -live | Music
lo18_00.jpg

先月25日 代官山のSaloon のイベント出演したときの写真UPした。

あと、イベントに来てたお客さんが、動画撮られてて
Youtube で見る事できます。
(下にも小さく張り付けましたが、)

ほぼ丸ごとUPされるの初めてですね。

個人的にはいろいろ反省点あるけれど
前半は、それなりにうまくいったのでは、と。

Mogura での経験をいかし、ちょっと音のバランス変えたり
構成も少しいじったり。

う〜、まぁ、自分にしかわからないけれどね。













03/03/2012 R.I.P. Davy Jones

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年3月 2日 08:49
  • -etc | Music
monkee3.jpg

2月29日ザ・モンキーズのボーカルの Davy Jones が亡くなった
というニュースが、

若い人にとっては、モンキーズ?ってなんですか?
って事でしょうけども。

僕の小学生の時の一時期のアイドル?的存在

写真上の左端の青年が昔のデイビー
写真下が、最近のものなんですかね?
今回はじめてググッてみた。
66才という事でした。

monkee2.jpg


モンキーズって名前、今ではほとんど語られる事ないけれど
彼らのアメリカでのテレビ「The Monkees Show」という番組が
日本でも毎週放送されてて
僕が小学4年生の時。

ほんと番組、面白くて、
毎週毎週、楽しみにして観てた。

音楽も小学生の自分にとっては
とても魅力的に感じたし。
意味わからず、カタナカエイゴで歌を覚え歌ってた。

で、たぶん自分が初めて買った洋楽のレコードが
このモンキーズ。

吸収力の高い小学生のド真ん中で、ホント聴きまくった
わずか三枚のシングル盤なんだけどね。


今回改めて、Youtube  で聞き直してみた。
当然、時代感じるけども、
流行歌に必要であろう、ベーシックな要素が
色々詰まってると思った。

デイビーは歌ってないけれど、
この曲、好きでした。




あとこの曲は有名ですよね、たぶん。
デイビーが歌ってます。

とにかく懐かしい、自分的に、w。





「まっ、そういう事やね、」

kujyo.jpg


02/30/2012 "TODABU"

tod01.jpg
tod02.jpg
tod03.jpg

仕事で一緒になることの多いT先生。

あぁ〜あぁ〜かわのながれのよ〜ぅにぃ〜

ニヤニヤ・マイペースで脳のしわを蟹歩き

酔っぱらうと面白い、

彼が言葉を紡ぎだす、その源泉というか、その特徴を
他人にうまく説明する事ができない。

まったく役にたたない面白いことをたくさん言う、

彼の歌詞に何度も泣きました

いつも忙しそう、

きっとなにか漏れてるに違いない

けれど、どこで補給してるのかわからない

身体に気をつけて

これからもよろしく!




Index of all entries

Search
Feeds

Page Top