Twitter Facebook Myspace Soundcloud

2009年7月 Archive

07/31/2009 Asakusa@Toubu-isezali-line


ueno1.jpg

07/30/2009 udagawa cho shibuya@tokyo


shibub9.jpg

07/30/2009 no title

ata_cafe.jpg

07/29/2009 Preview@HIYOKOGUMO at the NHK Center

hiyo001.jpg

hiyo002.jpg

hiyo003.jpg

hiyo005.jpg

hiyo006.jpg

8月〜9月 「NHKみんなのうた」で放送される2曲の試写&記者発表に行った。
「みんなのうた」はこれで5曲目になるのですが、こういうイベントへの参加は初!

我々(戸田さん&たなか)担当し イラスト:pukumukuさん「ひよこぐも」の映像!初公開。

同時に発表された「かつおぶしだよ人生は」を歌う加藤清史郎くん(7才) 
いやぁ〜今 人気があるのわかるね、、とてもキラキラして、かわいい男の子だった。
大河ドラマ「天地人」での子役ぶり、あとトヨタのCM「こども店長」で有名だよね。

当日わかったんですが その「かつおぶしだよ人生は」を作られた作詞、作曲家は
あの!!「およげたいやきくん」を作られたお二人だったみたいで、、
我々、戸田&たなか 通称ポケモンコンビは その大先生の横に座ってました。



07/27/2009 The New Logic Studio !!!

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年7月27日 08:26
  • -studio | Music
logic99.jpg

音楽制作ソフトとLogic 9の予約が開始された!

さほど目新しい機能が追加された、わけではないと思うのだが、、


オーディオのテンポとかタイミングを簡単に操作できるFrex Timeとか
ギター専用のエフェクターのプラグインとか、
ステージでそのまま使えるMain stage2とか

個人的にはFrex timeは使ってみたいです。
普段からかなりオーディオデータ使う頻度が多いので、、

実際 内容理解してないので、想像なんですけども、、ここ何年かのテクノ、エレクトロ関連の
盛り上がりが影響してるんだろね。
みんなスタジオでもライブでも「Ableton Live」をガシガシ使ってるみたいだし。
あとマッシュアップもんがバンバンでてきてますが、、
そういう流れにも対応しいて行こう、、という事なのでしょう。
あと従来のギター小僧のホームレコーディンング対策という、、ね。

僕も今さらながら 「Abelton Live」使ってみたいなぁ、、と思ってるんですが
(遅いですけど(・ω・;))
今年こそ、買うぞ!考えてます。

年々、いろいろ新しいソフト!どんどん試してみたい願望は強くなっていってるのだが、、
どうも頭、身体の追従が遅くてね、、困ったもんです。




07/26/2009 It was 33℃ in Tokyo!!

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年7月26日 21:29
  • Daily Life
shibu7261.jpg

久しぶり、、東京は朝から夏日!!
ほんと暑い。


昼前、なんだかんだ買い出しの為 渋谷東急ハンズへ

東京の部屋は、あまりにも日当りが良すぎる為、すでにあるブラインドの上に更に
日よけ用の日よけすだれを付けてみようと思い、何かいいものないかなぁ、、と。
あと台所の洗剤とか風呂用のブラシとか洗濯用の洗剤、柔軟剤とか、、とにかくそういう
日用雑貨を大量に購入!!

あまりに荷物多いので、さすがにレコード屋は寄れずじまい、、しかし、
最近 7inchのレコードが増えてきたので、、7inchレコード専用のケースだけ
買って帰る。


最近の夜はこってり料理&ビールが続いてる為、ランチはごらんの通り、シンプル。

shibu7262.jpg

shibu7263.jpg


shibu7264.jpg

07/25/2009 Moeyo Gizamimi Pityu!!

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年7月25日 00:36
  • -poke | Music

pityu1.jpg


これ中川翔子ちゃんの7月15日に発売された3曲入りCD

1.心のアンテナ 
作詞:松本隆
作曲:細野晴臣

2.せーので恋しちゃえ
作詞:meg rock,中川翔子
作曲:田代智一

3.もえよギザみみピチュー!
作詞:戸田昭吾
作曲:たなかひろかず


しかし  ぜんぜん違う方向性もった曲が集まってる。
、、にもかかわらず、、
流石です、 宇宙的許容力、突破力で軽々 それぞれの曲を制覇してるショコタン。

今年夏のポケモン映画のエンディングは なんと!松本隆&細野晴臣
その曲が1曲目。
(ちなみに映画オープニングは ハイタッチ!2009 たなか&戸田さん)

う〜ん ポケモンに関わって10年以上になるけども、、まさか細野サンが参加されるとは
思ってもみなかった。
僕の場合、YMOの細野さんが好きだったわけでなく、「はっぴいえんど」の頃とか
ソロアルバム出されてた頃の細野さんが好きでした。
要は中学、高校の頃の話。

で、

「もえよギザみみピチュー」少し解説すると、、

まず ショコタンの好きなカンフー、ブルース・リーのイメージを頭に描き、2000年に作曲した
「ポケモンはらはらリレー」の中の曲のモチーフを基本に据えて作曲を始めた。
「タッタラ、タッタラ」というシンセの繰り返し、自分の中でのピチューサウンド。
大サビは2004年ポケモンサンデーに登場した「キモリカーのBGM」<<これ誰も知らないと思うけれど
のサビを歌うメロディーに変えて発展させた。

曲のあちこちで鳴ってるピコピコしてるゲームぽい音は モロ ファミコンの音を
サンプリングした波形を使った。
今回の曲 だいたいの流れができるの、割と早かったかも。

個人的には ひさびさポケモンらしい曲ができたかも、、と
思ってるのですが、、お客さん、というかファンの人達とか子供、お母さん達に
どう受け入れられてるのか、、これは いつも気になる。

pityu3.jpg

-

haw_shida.jpg

07/24/2009 Brazilian Organ @ I feel nostalgic!!

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年7月24日 00:38
  • -vinyl | Music
walter.jpg

ブラジルのオルガン奏者「Walter Wanderley」

特に彼の音楽が好き、このアルバムが好き、という意味ではないのだけれど。
まぁ、このジャケット!色もきれいだし、かわいいので。

暑くなってくると彼のオルガンの音色とか そのボサノバ、サンバなリズムを聞くと
妙な安心感があるのです。


ま、
じっくり腰据えてブラジル音楽を聞くようになったのは ほんとここ十数年ぐらい?!
若い頃は、ジャズ、フュージョンの流れで Flora Purim,Hermeto Pascoal,Airto Moreira
ボサノバならば当然Antônio Carlos Jobim、João Gilberto とか有名どころは
聞いたけれど。

Walter Wanderley!
この名前を知らずとも、彼の音楽はたぶん小学校入る前とか ほんと
小さい頃からなじみのある音楽だったりする。

子供の頃は ボサノバ、サンバに限らず、ラテン音楽全般、また 
アメリカのカントリーミュージックが巷に溢れまくってた。
お婆ちゃんと行った洋食屋、家族で入った喫茶店では必ずそういう音楽がBGMとして
流れてたわけです。
日本映画なんか、もう そんな音楽のオンパレードだったりするしね。

実は40過ぎてから何故かラウンジ、イージーリスニング系の音楽を
好んで聞くようになった。
その理由は きっと小さい頃 そういう音楽の影響を強く受けれるのではないか、、と
勝手に思ってるのですが、、違うかね? 
ハワイアンなんて、、まったく興味なかったのに、、ここ数年 結構聞いてるし、、

自分自ら選び求めた音楽はビートルズ以降のさまざまな音楽だったりするけれど
この世に生を受け、無意識に当たり前のように最初に刷り込まれた音楽は 
このようなラテンとかアメリカのカントリーミュージックだったりする事は
当たり前すぎて主張するに足りないけれど演歌だ歌謡曲だ民謡だ、、と言った
超ドメスティクな音楽じゃなく、意外にそういう海外のものだったりする、、
しかも、、今考えるとメチャクチャ限定されてるわけです、
ジャンル的には「ラテンの音楽」と「カントリーミュジック」 ほぼその2つ!
しかも 当然ほとんどアメリカ経由。

そう思うと 今は ものすごい状況だね、、誰も そんな風に口に出さないけれど、、。


07/22/2009 The Bird of Music / Au Revoir Simone

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年7月22日 09:01
  • -vinyl | Music
aurev.jpg

ニューヨーク出身 女の子3人組の「Au Revoir Simone」
これは2007年のアルバム。

こういう声質、歌、サウンドに ホント弱い、

昔Morr Musicからのリリースもあったと、、ネットで見たけれど!
知らなかった、、聞いてない、、
あぁ、、Morr Music関連のCD 一時期 熱心に追いかけたなぁ、、
最近はさめてますけれど、、

で、

確かに、ちょいチープな演奏だったり、エレクトロニカ風な部分もあり〜の、、
あと、、ベルセバっぽいナチュラルさ?素朴さもありで
かなりお気に入り!

新譜もとてもいいです。



07/20/2009 A Frog In A Well Knows Nothing Of The Ocean.


amaga38.jpg

連休は京都に帰ってました!


せっかくの連休なのに、、天気が悪くて残念、、
雨が降ったり止んだり、

で京都特有の蒸し蒸し 湿気多し!


07/19/2009 Recent Favorite Rock CD

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2009年7月19日 00:04
  • -vinyl | Music

1990年代 ローファイなインディーズ系ロックバンドにもハマったけれど
ここ数年出てきたいろんな新しいバンド!
エレクトロだとか'80年代ぽい、とか、、とにかくいろんな要素が混じり合って
無邪気、、というか、いろんな時代、ジャンルを串刺しにしたようなそんな

今ならではの自由さがメチャ気に入ってる!!
いつの時代も やっぱ新しい人の作る音楽のかっこよさには
技術とか経験ではなく、、一瞬にして伝わる広がりと波動がある!!

もう キリがない、、けど、、とりあえず、、
Frendly Fires〜Foals〜Vampire Weekend〜The Teenagers〜
Cut//Copy〜The Death Set

friendly.jpg

foals.jpg

vampire.jpg

teena.jpg

cutcop.jpg

deth.jpg


07/10/2009 Life is not all beer and skittles.


benc1.jpg

benc2.jpg

07/08/2009 Variety is the spice of life.


hiro_ata1.jpg

だいたいね、音楽(作曲)活動のみで、生計を立てて生きてきた
、、というわけでは、ぜんぜんないのだけれど、、

以前の会社ではエンジニアあるいはプログラマーの立場で仕事をしつつ
余暇を利用して音楽活動をしたり
今も当然、社長業中心!で、そんな中うまく時間をみつけて音楽の時間にあてている。
ま、レコード収集、音楽鑑賞みたいな音楽活動的準備運動も含めて、、ですけど。

けれど、そのイッタリ〜キタリ、そのぜんぜん違う頭の使い方をしてきたことが
時にはストレスになったり、体調を壊す原因になったりしてる事が多かったけれど
結果、そういう幅をもってやってきた事が自分にとっては とてもよかったのでは
、、と いつも感じる、つくづく感じる。

振り返ると、音楽活動に関しては
ピアノ教室〜バンド活動〜ゲーム音楽〜ポケモンの音楽〜などなどなど、、という風に
流れができてるけども、、
最近は 今一度、「自分が作る音楽ってなんなん??」みたいな事をよく考えてて、、
考えてみるとある「テーマ」というかなにか「縛り」がないと、、どうもしっくり進まない
 
仕事ではなく、自分で自分を動かす次なる「テーマ」はなんなんやろ?
ま、「とにかく、なんか作ってみよか?!」、、とか
作曲にこだわらず自分の好きな曲をつなげたミックステープつくってみよかなぁ、、とか

まぁ、、いろいろ思う今日この頃。

07/05/2009 Record hunting in SHIBUYA


shibu001.jpg

shibu002.jpg

今はちょうどバーゲンの時期だけれど、、
私の目的は、またも、、コレ!

今日は レゲエ中心で回ってみた、、

ja01.jpg

で今回の収穫の目玉は、、

1975年 ラス・マイケル&サンズ・オブ・ニガスの「DADAWAH ---  peace & love」
しかも このジャケット初めて見るのですが、ジャマイカ盤。
だいだいトロージャン盤の方がね雑誌なんかでは扱われてる事が多いですが。


これ不思議なんだけれど どんなに盤質が悪かろうがジャケットがボロボロだろうが
オリジナルの「ジャマイカ盤」っていうのがね、、もうグッ!とくる。
レコード針 落とした瞬間、大量のノイズ!!!
で、その後の音の出る瞬間はもう、、
たまらないもんがあるね、、


ja02.jpg


ja03.jpg

梅雨の深夜、窓開けっ放しで部屋で鳴らしたら、、
メチャ ええ感じ、、、

07/01/2009 "Hey Taxi!!" SLY DUNBAR


sly_0.jpg

ジャマイカ(REGGAE)のリズムセクション スライ&ロビー!

特にその独特のリズムでその音楽を支配するスライ・ダンバーのドラミングにはとても
影響を受けた。

初めて生で彼を見たのは1984年大阪万博広場で開催された「ライブ・アンダー・ザ・スカイ」
ブラック・ウフルーのリズム・セクションとして。
僕も若かったし、、8月だったからホント暑かったなぁ、、という記憶が
一番強いんだけども、、

4つ打ちバスドラムに3拍目にスネアドラムというミリタント・ビートと呼ばれる攻撃的な
リズムは、とても刺激的。ダブパートになると、、ミキサーがそのスネアにリバーブを
「バァーン!」って深くかけるんだけど、、ほんと爆発音みたいで大砲のよう、、
曲途中のフィルインが ほんとカッコいいんだよね、、とてもリズムはシンプルなんだけど
その場を支配していってる感じというか、、で、後クラッシュ・シンバルのアクセントの位置
叩き方、姿、音の余韻、動きの余韻、、それがとてもシンボリックで耳と目に焼き付く
で何故だか呪術的に感じるわけ全体が、、ロビーのベースとともに、、原始的なイメージ。
今はそれほどでもないけれど、、当時は とにかく彼らの創りだすリズムの中にドップリ入り
まるでなにか自分が原始宗教的儀式に参加してるかのよう、、
実際音のイメージはもっとはっきりしてクールなんだけれど、、
何故か自分はそんな風に受け取ってた。

N社時代に手がけた「バルーン・トリップ」「レッキング・クルー」「ドクターマリオ」の
ドラムパートは彼のリズムスタイルに影響されたもの。
あぁ、、そんなスピリチュアルなニュアンスはないけども。

その後 レゲエバンドをやってた時に 彼らが出演したライブのフロントアクトを二回経験。
で、そのうちの一回、 片言の英語でスライ・ダンバーと少し話せた。
僕たちのリハーサルを見ててくれて、その後かれの横へ行ったら彼の方から
声をかけてくれた。
とても穏やかで、ほんとやさしい感じで感動したのを覚えてる。

最近 来日してコンサートしてましたね。

sar1.jpg

sly_3.jpg

sly_2.jpg

taxi0.jpg


Index of all entries

Search
Feeds

Page Top