Twitter Facebook Myspace Soundcloud

Sporadic Vacuum

02/16/2017 "JOSE JAMES@CONTACT 渋谷"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2017年2月16日 20:56
  • -live | Music
m_josejames-1.jpg

ちょっと前 Blogで 最近、新しいジャズを聴くことが多い
書いたけれど、まさにそんな中のひとり
ホセ・ジェイムス Jose James のライブをみた。

APPLEBUMというアパレルの会社×ブルーノートのイベントを
たまたま知り合いの紹介で招待してもらった。

前座、、いやオープニングアクトは、
WONK、彼らの今的なR&B?ぽい音でネットで話題になってますけども

で、JOSE ですが、
やっぱ、いろいろ混ざってる。
世の中的に便宜上ジャズってカテゴリーで語られること多いけども
往年のジャズボーカル的ではまったくなく
R&Bとも言い切れず、
とてもエモーショナルなサウンドでした。
普段はバンドでやるんだろうけど
PC一台バックにどんどん乗せてくれた。

いや、かっこいいです。
かっこいい、としか言いようない。

アンコールではギター、一本で弾き語り


m_josejames-2.jpg

m_josejames-3.jpg




02/12/2017 "Asian Dub Foundation"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2017年2月12日 20:05
  • -vinyl | Music
lp_asiandub.jpg

久々、Asian Dub Foundation ひっぱりだした。
懐かしいなぁ、
これ、1994年にでた彼らのファーストEP
けっこう気にいってて
むかーしライブでも、この中の曲、ピアニカで吹いたりしてた。



休日は、いまだにレコードとっかえひっかえ
適当に音楽流しながら
片付けとか片付けとか



私、Twitter にもレコード聴いてまっせ、
という内容を時々、upしたりするけども
若い人たちは、レコード見ただけで、
なんとも「いにしえ」の感覚覚えるのではないか、と想像
12inchのシングルなら、ま、それなりの時代性醸し出したり
するんだろうけども、?、か?
どうなんだろ?
そういうことを気にしてる時点で「お年を召された方」
なのだけども、自分は。


ホント、レコード屋さんは
おっちゃん達がウロウロしてる


ロック的な売り場は40〜50〜60代
テクノ(クラブ系でも)30代〜40代はじめ?
ジャズ売り場はは、もっと年上で
60代、70代?おじいちゃん達がウロウロ。


自分の若い頃は、こういう光景
想像できなかった、
でも、そうだよなぁ、
レコードの文化のスタートが
大雑把だけれど1950年代から、みたいに考えると
結果、いまは、こんなです。




02/08/2017 "No Title"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2017年2月 8日 21:21
  • Daily Life
d_020817.jpg

東京、また寒くなってきましたね。


雪が降るとか、降らないとか、



0203/2017 "Bjons@下北沢440"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2017年2月 7日 20:20
  • -live | Music
m_bjons_020217.jpg

先週、"Bjons"というバンドのライブにいってきた。

このバンドとは少し不思議な縁があって、


少し話すと、


約8年前、、当時住んでいた自宅近所のカフェで
流れてた曲が、気になり、これ誰ですか?
と店員さんに聞いたのが始まり
2008年、暮れのこと。

名前は"kodomonokodomo" (こどものこども)
早速ネットで検索したら、すでに解散!
けれど、バンドの連絡先が残っていたので
さっそくメール、CD購入、それが写真下

余計なところ、ない
足らないものもない

ホント、かけがえのないバンドサウンド
なんか、たった一度きりしかない、そういうサウンドに
感じた。

人は、たとえば、「青春」をそういう例えで
語ること多いけど、
それって誰にでも言えるし、どのバンドにも言えるのですが、

ま、相性もあるんだろうけど、なんか伝わったんですよ。


音楽に関していうと、こういうこと、たまにあったりする、
こういう場合、アーティストの有名無名はまったく、まったく関係ない
ただ、自分がその音楽と出会ったか?出会わなかったか?
と言うような、ただそれだけ。
音楽のジャンルも関係ない。

で、そういう出会いって、忘れない
ずーっと残ってる。

このアルバムいまでもひっぱりだして、たまに聴く。
一曲目はドラムの方の曲(この曲だけ)なんですが、
アルバムの出だしとしてとてもいい、


で、今回のライブは"kodomonokodomo"のソングライターで
ボーカル兼ギターの小泉さんが新しく作ったバンド"Bjons"の初ライブ!
ということで行ってきた。

最初に音出た瞬間、あ、CDの声、"kodomonokodomo"の人や!
とやっぱ感動した。

cd_kodomono.jpg




02/04/2017 "節分"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2017年2月 4日 20:11
  • Daily Life
d_020517.jpg

さすがに豆まきは、してませんけれど

近所のスーパーで山積みされ
ディスカウント!された「恵方巻き」

食べた。

しかし、どこのお店もそうだと思いますが、
作りすぎてません?

「恵方巻き」



01/29/2017 "みなとみらい"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2017年1月29日 20:36
  • Daily Life
d_012917.jpg

たま〜に、普段みない景色見たい。


日曜、買い物かねて、横浜へ

目線が遠いのはええっすね〜。


毎日毎日、自宅と会社の往復だけなので
気持ちが自然と「ふへぇ〜」ってなる



01/28/2017 "Tigran Hamasyan"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2017年1月28日 20:27
  • -vinyl | Music
cd_tigran.jpg

Tigran Hamasyan ティグラン・ハマシアン
アルメニア出身のピアニストの2013年のアルバム

このCDも最近のジャズを聴くようになった、、
という一枚なんだけれど

ん〜とにかく個性的
そのアルメニアってどこだったっけ?
とおもわずググッたけれど


ま、どんなミュージシャンも
いろんな音楽に影響受けてる、
もう必然的にそういうものなんだけれど
アルメニア出身だからこそ、の個性なのか
なんだかわからないけれど、独特。


でも、かっこいい
ホント、おもろい。


気になる人は
Youtubeで音源みつけて
聞いてみてください。



1  2  3  4  5

Index of all entries

Search
Feeds

Page Top