Twitter Facebook Myspace Soundcloud

















田中宏和

Hirokazu
Hip Tanaka

たなかひろかず

大人ブランコ
Acerola Beach
Chip Tanaka
Decasségui Hip

1957年、12月13日、京都府に生まれる。

【任天堂時代】
1980年、任天堂に入社。
開発二部のち開発一部に所属。
業務用テレビゲームのサウンド設計、「ゲーム&ウオッチ」の企画開発、プログラムにはじまり 「ファミリーコンピュータ」「 ゲームボーイ」等の音源ハードウェアの仕様設計および開発に携わる。
また「Hip Tanaka」「Hiro(kazu)"Hip"Tanaka」「H Tanaka」「Hirokazu Tanaka」として同社の人気ゲームソフト
「レッキングクルー」「ドクターマリオ」「バルーンファイト」
「ディスク版メトロイド」「パルテナの鏡」「スーパーマリオランド」
「テトリス」「マザー」「マザー2」(鈴木慶一と共作)など多数の音楽作曲、効果音制作、サウンドプログラムを手がけるほか 1998年「ポケットカメラ」「ポケットプリンタ」などといったゲームボーイ周辺機器の企画・開発も自ら行う。 1999年任天堂退社。
同年(株)クリーチャーズ入社、2001年同社の取締役社長に就任、現在に至る。

その他、プライベートな音楽活動として1977年から関西を中心にキーボーディストとして数々のロックバンドで活躍する。 1979年文化放送ほか民放6局、日清製粉主催「全日本アマチュアフォークコンテスト(ハッピー・フォークコンテスト)」で優勝。 バンドはデビューするものの任天堂へ入社。その後 ギタリストとしてレゲエバンドを大阪で結成、80年代はレゲエサンスプラッシュ(大阪)に出演するほか、 ジャマイカのリズムセクションSly&Robbieの公演のフロントアクトをつとめる。また地元、大阪、京都、神戸のライブハウスのみならず、 クラブチッタ川崎、渋谷エッグマンなど、関東でも精力的に活動する。
1994年「Hirokazu」名義で「パチンコマン」で有名な大阪のレゲエダンスホールシンガー「Boogie Man」のトラックメーカー、コンポーザーとしてCDに参加。

【たなかひろかず】
1997年以降は「たなかひろかず」名義でTVアニメ、映画「ポケットモンスター」シリーズの主題歌、エンディングテーマの 大半を作編曲しヒットを飛ばす。1998年公開の映画ポケットモンスター「ミュウツーの逆襲」エンディング曲「風といっしょに」を小林幸子が同年「NHK紅白歌合戦」で熱唱。 以降 酒井法子、竹中直人、ベッキー、森公美子、藤井フミヤ、遠藤久美子、岩崎宏美、ホワイトベリー、中川翔子、ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学、遊助(上地雄輔)、JDee'z、他らに曲を提供している。

また「NHKみんなのうた」へは2002年〜2009年の間に5曲の楽曲を提供。
2005年「とのさまガエル」(語り:石坂浩二)ではユニット名2who'zのボーカルとして自ら歌うなど、個性的でバラエティーに富む曲の数々を披露している。

【Chip Tanaka 大人ブランコ Acerola Beach】
2007年、新木場STUDIO COASTで開催された「EXTRA ~HYPER GAME MUSIC EVENT 2007」のDJステージに参加。往年のファミコンサウンドを自らRemixし好評を博す。 2008年発売の任天堂「Wii」のソフト「スマブラX」に参加し「Hirokazu Tanaka.ex」名義で久しぶりにゲーム音楽の編曲を担当。
最近では「大人ブランコ」「Chip tanaka」「Acerola Beach」名義で都内クラブでのイベントに参加するなどDJライブ活動も行っている。

【Hip Tanaka.β】
2011年東日本大震災を受けた日本を支援する為、世界中のゲーム音楽家が集まり
制作されたチャリティーアルバム「Play For Japan:The Album」に"Hip Tanaka.β"
として参加。

【田中宏和運動】
また、自分と同じ名前(同姓同名)の人を捜している田中宏和さん(同会の中で、ほぼ幹事の田中宏和さんと呼ばれている)との出会いがあり、
2004年から「田中宏和運動」に参加。2009年「田中宏和のうた」を作編曲し、
レコーディングに11人の田中宏和のいちボーカリストとして参加。2009年12月、楽曲のダウンロードサービスが始まる。
asahi.comをはじめ、ネット、テレビ、雑誌などの注目を集める。


 

Page Top