Twitter Facebook Myspace Soundcloud

2012年2月 Archive

02/29/2012 某スタジオ@世田谷

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年2月29日 19:39
  • -studio | Music
juch1.jpg

juch2.jpg

東京地方、今日は朝から雪、
午後過ぎには上がったけれど

これは昨日の午後

ある曲の仕上げにギター入れた。
初顔合わせ
エンジニアのT氏の紹介で、ジュンチくん

いやいや、ラフでいい感じに録れました。

しかし、いつもトラック数、
どうしても多くなるべ。










02/26/2012 Saloon@代官山 2/25

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年2月26日 19:59
  • -live | Music
m_kurae.jpg

m_lb_s.jpg

m_lb_0.jpg

Saloon

ちょっと変なカタチの間取りでしたが、
天井も高く、落ち着いてていいハコでは?

写真(中)はリハ前風景

写真(下)はSaitoneさんと僕(Acerola Beach)との合間

お客さんも、結構入ってたと思う。

音もよかった、と思う。

反省点は、、

曲のつなぎで一カ所、音を止めてしまった(((゜Д゜)))
お客さんは「曲が終わった」ということで拍手してくれましたが
当日の朝、「発見!!」した、いい「ツナギ」だったのにぃ、超〜残念。

あとは、もっと曲作って、もっと余裕もって流れを作れるように
せんとあきまへんなっ。(今は亡き「いとし・こいし」の"こいし師匠風に)

けれど、後半手前までは気持ちよく、楽しかったヨン。
お客さんも、それなりに楽しんでくれてた気がします。

あぁ、あと他の出演者のみんなも、それぞれ個性的でよかった。
僕はずーっと、フロア横でビール、ワイン、ウーロン茶を交互に
楽しみました。(^ω^)

準備と機材搬入、搬出はメチャ疲れるけれど、
毎回泣きそう。

いい半日でした。











02/25/2012 「あいにくの冷たい雨だわさ!」

m_ai.jpg

夜遅くから雨であります、東京。

先日も伝えましたが、代官山のSaloonイベント Lo-bit Playground v.18
Acelora Beachの名前ででます、僕の出番は6時半前後?

夜遅いイベントも、それはそれで楽しいけれど
こういう夕方〜夜にかけてのイベントは夜も使えるし
しっかり寝て翌日も昼間に活動できる、という
大人くさい発言ですが、疲れやすい自分にはもってこい。

このオーディオインターフェイス使おうと思ってたのに
firewire800〜400の変換コネクターが見つからず、(´;ω;`)

結局、いつものApogee One 使お。(・ω・;)
いや、軽いし、電源もいらないから便利なんだけれど
USBのコネクター接続部分がほんと緩くて、チープで
たま〜に抜けるんだよね、これは、ほんと困り者。

せっかくシール買って貼って、はりきってたんですが、残念。



02/24/2012 Washed Out

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年2月24日 00:34
  • -vinyl | Music
cd_waot.jpg

去年でたCDですが、

ま、なんとも言えずまったりとした割とミニマルなサウンド
いろんなモノがいっぱい混ざってる。
どっかで聴いたぞって、感じるけども
それぞれが薄くて淡いから、よくわかんない。

エレクトロニカがもてはやされた時代のサウンドに近い
けれど、やっぱ違うんだよなぁ。
巷では??Chillwave などと呼ばれてるらしい、、と。
つい最近知ったばかり。
そんな呼び名は、置いといて

こう、次から次に流れては混ざり、混ざっては流れ
(自分の勝手なイメージ)
変なところに音のツボが表れる。
嫌いじゃないです。

このアルバムの前のアルバムをジャケ買いした経緯があり
なんとなくそんな気分で買った。

いつもそうだけれど、新しい若い人達の音楽追いかけてると
きりがない。
ホントきりがない。
けど、「微妙で微細で淡い魅力」に満ちてる。


めちゃアバウトで独自な言い方なんだけれど僕は
プレステ以降の音楽、、みないな捉え方してます。
そこには昔みたいに、ロックだとか、ブルースだとかR&Bだとか
そういう音楽のジャンル、歴史観は薄いわけです。
ワールドミュージックだとか、、テクノだ、とかも

ただ、人が見えます。

では、そろそろ寝ますです。






02/22/2012 「禁じられた遊び」

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年2月23日 10:57
  • -vinyl | Music
desin.jpg

ずいぶん年期の入ったシングル盤。

何才かなぁ、たぶん3才とか4才の頃からあって子供の頃から聴いてた。
母親が買ってきてたんだと思うんだけど、こういうシングル盤が
数は少ないけれど実家に色々あった、映画音楽、クラシック、などなど

これは「禁じられた遊び」です。
自分の音楽鑑賞の原点みたいなもんですかね?
他にもたくさんあるんだけど。
母親が自分の好きなものを買ってくるので
自分で言うのもなんですが
基本、お上品なもの(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜) が多かったかも
です。

ゲロゲロ!


歌謡曲とか演歌はほとんどなくて
日本のものだと「ダーク・ダックス」とか「ペギー葉山」とか
知らないですよね?

で、当時、ペギー葉山さんがカバーされてた
ラ・ノビア」って曲が好きで、というか、家にあるレコードの中で
という事ですけどね、自分から選べないし、

この映像の音聴いてると
上のUPしたレコードが鳴ってるみたい。







02/21/2012 "N社"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年2月21日 14:37
  • Daily Life
nin220.jpg

古巣の某XX堂。

もう、まったく記憶の中だけで
場所も変わったので"懐かしい"とかの感覚もなく、、
けれど、なんとも言えず漂う「まったり感」は
相変わらずですかね。


"守衛のおっちゃん"のうちの1人が、
僕が働いていた頃からずーっといてる人で

「おう!たなかはん、元気そやな!」


といつも声をかけてくれる。
田中さん、ちゃいますよ、田中はん、ですよ。

旧社屋(鳥羽街道)の頃
ケンちゃん」と呼んでた「」が守衛所のとなりに繋がれてて
その頃からおられた守衛さん。
ケンちゃん、よく昼休みに散歩させました。

いまとなっては、よくまぁ、「犬」がいてたなぁ、と
しかもほぼ毎日、前社長も玄関通るたびに
みてたはずで、、許可されてたんのかなぁ、
今の社員からすると信じられないでしょうけども。

面白い時代でした。





02/18/2012 冬の終わり

sno1.jpg

sno2.jpg



02/16/2012 Lo-bit Playground v.18.0 2/25

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年2月16日 08:58
  • -game | Music
lobi18.jpg

久しぶり Lo-bit Playground v.18.0 に参加させてもらいます。

コウダくんありがと。

2回目?3回目?かなぁ、、
このイベントに出るの?
そんな感じです。

作曲歴はそれなりに、なるけれど、こういうクラブ、ダンスよりというか
Chiptuneの流れを取り入れたようなトラック作りを始めたの
最近だからね
だから、こういう活動は数年のキャリアしかないっす。
初心者ですね、ホンマ、謙遜(けんそん)して言ってるわけでなく。

日々、変わっていく自分というか
「音に対する自分の判断基準」がどんどん変わっていくのが
こういう音作りの
醍醐味と言えば醍醐味なのかね?
ま、ポケモン作曲してる時も
そんな風に感じる今日この頃なんですが、

年齢が年齢だけになかなか現場には足向かないけれど
音だけはね、CDやらレコードやら、浴びるように聴いてる。
たくさん聞いてるからって、いい音楽が作れるわけでは
けっしてないけれども。

情報は少し足りてないぐらいの方が
本来的な力がでやすいんですよ、たぶん
往々にして?、、ん?経験上?
いや、、それが本質かもです。

で、たま〜にのぞくクラブでの若いDJ達の軽やかさ
プレイさばき、、いつも感心する。
(最初の勢いはいいけれど、選曲がね、、って思う事も多いですが、)
も〜ぜったい20代前後の身体能力あってのもの、、
あるいは、そこをしっかり通過、経験してるか、とか
ホント、これはどうしようもないっすね、自分は。
瞬間の判断能力、次に向かう時間の流れを一瞬に察し
コントロールしていく、、みたいな
「ええかげんさ」も含めて
あぁ、憧れるなぁ、、いまさらですが
今の自分が言うのも変ですけどね。

あと、いつも言ってるけども、
こういう音楽を楽しむポイントは
大音量に限る!って事ではないでしょうか?
身体が聞いてる、身体で乗るとか、

あぁ、普段ももっともっと、いい環境、いい音で
音楽楽しみたいねぇ。

よくお相撲さんが場所中に
「これから、どう取り組んでいかれますか?」
みたいな事、インタビューされるとよく、
「自分の相撲をとるだけです、」
みたいに答えてますが
こういうイベントに参加する時は、まさにそんな心境ですかね。

普段はほとんどサラリーマン的時間割生活
仕事としての作曲活動もたま〜にあるし、そんな中
帰宅後、時間の隙間見つけて、コツコツ準備して、
みたいな事で対応していってます。
が!、あと一週間ぐらいしかないので、ね、

ま、「ええかげんさ」に軸足に置いて
本番まで無理せず、、ってことですね。
継続は力なり、が大事だと思う。








02/15/2012 No Title

bilp1.jpg

02/14/2012 "そういう日"

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年2月14日 09:08
  • Daily Life
val012.jpg


はい、、、なんか、そんな日です。

これって、全国津々浦々、老人ホーム、幼稚園、病院、学校、会社、
ありとあらゆる場所で行われてるんでしょうね。

これは先週の渋谷のLoft店頭 の写真なんですが、
いやぁ、女の子であふれてました。

チョコに限定して女性から男性へ、って日本独自の習慣らしいですね。

でも、決して社会全体が争う方向というか、摩擦が起きる方向へ
動くイベントじゃないし、いいですよね。

などと、、(´;ω;`)

バレンタインに関係する写真アップして
書き出してみたものの
書きたい事がみつかりませんね、、

ポヨンポヨン、、、



R.I.P. Whitney Houston

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年2月13日 11:02
  • -etc | Music
hhs2.jpg

ラジオでは彼女を追悼して彼女の曲がいろいろ流れてる。

日本で暮らす自分には
遠くはなれたアメリカ国内でのホントの彼女の人気、ポジションは
知る由もないけれど

彼女の絶頂期の歌声はラジオ、ビデオを通じて
何度も見てる、聞いてる。
彼女の力強く、しなやかに伸びる高音は
序々に身体が反応し、共振しだし、ある瞬間から
グッ!と言葉の意味を超えて迫りくる何かがある。
人の叫びに近いものが、
歓喜とも悲哀ともどっちとも言えない心の叫びが聞こえる。
でも、その声に自分の中の何かが"応援"され"勇気"づけられる。

特にブラック・アメリカンの人達、
たぶん教会でゴスペルを学び歌った人達に共通する何か?
アメリカという国、環境で暮らす人々に共通する何か?

ドラッグの問題でたびたび記事にはなっていたけれど
やっぱ惜しいです。

一生、スター、アーティストとして光り輝き続けるのは難しい。
けれども、彼女のある時期の輝きは一生、人の記憶に残っていくはず。
いや、すでに残ってるし。


彼女を知ったとき、まっさきに浮かんだのは
Micheal Jackson 彼女の歌を思い浮かべたとき、
何故か彼の歌声、彼の死が頭をよぎった、






02/13/2012 Shibuya #0xx1

shibuse1.jpg



02/12/2012 某スタジオにて

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年2月12日 23:30
  • -studio | Music
shibunk.jpg

先週、スタジオ作業がひとつ。
去年の終わりに話いただいて
地味〜に進んでた。

初めてやらせてもらう仕事だったんだけど
とても楽しく、というか個人的にはとても嬉しい仕事だった。
こういう気持ちでスタジオいたの初めてかもなぁ
作曲者冥利につきます、、というか自分的に。

まだ発表はできませんが、そのうち
報告します。


02/10/2012 CONTRA

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年2月10日 09:42
  • -vinyl | Music
cd_vam.jpg

Vampire Weekend
の"CONTRA"
2010年のアルバムだけど、このバンド好きです。
いまだによく聞いてる。
ファーストアルバムも好き。


ちょいとアフロギターバンドのノリがあって
ちょいとマヌケ?という表現はよくないけれど
ヒョウヒョウとしたポップさがあったり
"スットコドッコイ感"なノリの良さもあったり
(自分なりの解釈ですが、、)

先日、取り上げたDjango Django も自分的には似たノリが
その"スットコドッコイ感"です。

力まない、シンプルなノリ、、というか。白人が作り出す。




02/09/2012 "Cry"

cruy.jpg





02/08/2012 渋谷 O-nest 2/4




sham.jpg

先週の土曜日夜、少し体調微妙だったけれど

シャムキャッツ(写真下)
Moools
ジョセフ・アルフ・ポルカ (写真上)

のライブを見に渋谷へ

いやいや楽しかったです。
シャムキャッツというバンドは初めて見たんだけども
バンドメンバーのルックス、曲、パフォーマンスと、とても
バランスがとれてて魅力的なバンド。
アレンジも新鮮でとても好きな音
瞬発力もあり出音も強い。
思わず、CD、Tシャツ買っちゃいました。

一番初めにでたジョセフ・アルフ・ポルカ は名古屋のバンド
一昨年、名古屋の芸大へ講演に行ったときに知り合ったバンド
PAがしっかりしてて音がバランスよく前にでてたせいもあり
いままで以上にとてもよかったです。
彼らはホント一言では言えない魅力もってます。
奇跡のよう、、というか、うまく言えないけども唯一無二な存在だと
いつも感心してる。

で、お客さんも結構入ってて、当然、トリのシャムキャッツの
最後はアンコールがあったんだけど、バンドのエネルギーに
較べて、ほんと「蚊が鳴くような」拍手とアンコール。

(・ω・;)

なんか終始お客さんがバンドのエネルギーにあまり答えてない
ような印象をもったんだけど、帰りにツイッターとか見返してみると
ツイッター上の言葉(テキスト)は興奮してるわけです、
でも実際の会場はどうだったか?、というと、そのツイッター上で
交わされ飛んでる言葉の位置エネルぎーみたいなモンと較べると
なんか印象違うわけです。

(((゜Д゜)))

なんなん?このなんとも言えへんギャップ??
ヤバい、とか、すげー!!とかのネット上の言葉とは違って
実際、、現場はとても、大人しい印象。
ま、それなりにみんな乗ってはいますけどね

ま、これでいいのだ!

ですね。

いいライブ、いい体験しました。








02/07/2012 「シェー!&これでいいのだ!」

sye.jpg



02/05/2012 Django Django




最近気になってるロンドンのバンド Django Django

このDefault って曲もメチャ気にいりました。
早速、12inch 注文!
フルアルバムは2月7日に出ます。





02/03/2012 蟹か!?

  • Posted by: hirokazutanaka
  • 2012年2月 3日 08:25
  • Daily Life
ksni.jpg


「年に一度だけ」とか、そんな事でなく

二度でも三度でも食べてあげたいです。

蟹さん。


02/02/2012 No Title

brlady.jpg

02/01/2012 No Title

nof02.jpg

Index of all entries

Search
Feeds

Page Top